なぜおじぎをする?|チコちゃんより

チコちゃん

なぜおじぎをする?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

学校教育に武士の作法を取り入れたから~。

教えてくれるのは、民俗学者の神崎宣武さん。

頭を下げる行為の歴史=神様への礼儀として行われてきた

「神様に対して頭を下げる行為」は古くから世界中のさまざまな宗教や、信仰において行われてきた。

人間同士のおじぎ→日本独特

海外スポーツを見て実感する日本独自の習慣「おじぎ」は、どのように発展していったのでしょうか?

平安時代に「伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)」というのがありまして、目で確かめられるということではこれが一番古いと思います。

おじぎの最古の記録とされる平安時代の「伴大納言絵詞」に登場するのは、放火の疑いをかけられた左大臣の源信(みなもとのまこと)が、自らの無実をお天道様に祈る瞬間。

両ひざをついて足はつま先立ち→「跪拝(きはい)」。

かつては日本でも神様・仏様だけにおじぎをしていた。

ところが鎌倉時代になり、武士が国を治めるようになると、頭を下げる動作は人間に対しても使われるようになります。

武家社会が身分・秩序制度を戦いや武力闘争に成立した武家社会は、厳しい身分制度や規律によって世の安定が保たれていました。

こうした社会の中でおじぎは細分化していきます。

場面や対人関係によっておじぎを使い分け始めた。

例えば武家社会の一つ「小笠原流」では「九品礼(くほんれい)」と呼ばれる。

目礼(もくれい)
=目を動かす礼 天皇や将軍などが行う。

首礼(しゅれい)
=天皇や将軍などが行う。

指建礼(しけんれい)
=目上の人の話を聞くときなど

爪甲礼(そこうれい)
=目上の人の話を聞くときなど

折手礼(せっしゅれい)
=身分の高い人が行う

拓手礼(たくしゅれい)
=同輩に対する礼 茶道でも使用

双手礼(そうしゅれい)
=同輩への深い礼など

合手礼(ごうしゅれい)
=目上の人に対する深い礼

合掌礼(がっしょうれい)
=神仏に対する礼

こうして武家社会ではあいさつをする相手や場面によっておじぎを使い分け、秩序を保っていたといいます。

ただしこれはあくまでも「座礼(ざれい)」。

座敷の礼儀作法と屋外の礼儀作法は違う。

例えば江戸時代の参勤交代。

大名行列が通る際には誰もが土下座をして、地面にひれ伏したと思いがちですが、実際は違った。

江戸時代の屋外のおじぎの作法は決まっていなかった。

(屋外で)土下座は、地面が雨の後だと(服が汚れるので)土下座なんてできるわけがない。

しかし明治時代になると現代のおじぎにつながる大きな変化が起こります。

畳中心だった生活から、イスを使うようになった頃、武士の作法であったおじぎは、座った礼を立った礼にする

座礼→立礼

明治15年小学緒礼式には「立礼」に作法が書かれています。

「立礼に 最敬礼 及び 敬礼の二つあり」

「最敬礼は帽を脱して 左の脇に挟み 腰をかがめ 右手を膝に当て拝す」

「帽を着せざる時は腰をかがめ 両手を腰の上に当て 拝す」

「敬礼は帽を脱して 少し傾く」

「帽を着せざるはそれ 頭を傾くのみ」

江戸時代に200以上あった藩を1つの近代国家にまとめる際、全国民共通のあいさつとして、学校で教えられたのがおじぎでした。

起立 礼 着席

武家社会のおじぎが学校教育に取り入れられ庶民に浸透した。

  

ということで・・・
なぜおじぎをする?

学校教育に武士の作法を取り入れたから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA