富士山の頂上ってなに県?|チコちゃんより

チコちゃん

富士山の頂上ってなに県?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

なに県でもない~。

教えてくれるのは、日本地図センターの編集室長でもある小林政能さん。

富士山の頂上には県境がない。

地図上であちこちに県境がある中で、富士山の頂上を見てみると、頂上付近に県境がありません。

本八合目(標高約3400m)には石碑が。

本八合目より上は浅間大社の境内。

実は富士山の八合目より上は私有地。

気象観測所や登山道などを除いたすべての土地が、富士山本宮浅間(せんげん)大社の境内となっています。

そもそも富士山本宮浅間大社は、古来より噴火を繰り返す富士山を鎮める目的で建てられました。

この神社に転機が訪れるのが江戸時代。

1600年の関ケ原の戦いに勝利し、天下人となった徳川家康。

関ケ原勝利のお礼として、神社の造営とともに、富士山八合目を神社に寄進。

なぜ八合目?

冨士講(富士山信仰)の方・修験者が富士山火口にさい銭を投げる、散銭という儀式をして、お祈りをした。

かつては富士の火口の底に神様がいると信じられており、登山したものは火口にさい銭を投げ、お祈りをしていました。

 さい銭箱→富士山の火口=巨大なさい銭箱

 さい銭箱の底(火口の底)=八合目=境内

八合目以上の土地は神社の境内なので、山梨でも静岡でもない。

  

ということで・・・
富士山の頂上ってなに県?

なに県でもない~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA