なんで二酸化炭素が増えると温暖化するの?|チコちゃんより

チコちゃん

なんで二酸化炭素が増えると温暖化するの?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

水蒸気が増えるから~。

教えてくれるのは、国立研究所 地球環境研究センター副研究センター長 江守正多さん。

地球温暖化→温室効果ガスが増えたために起こる現象

温室効果ガスとは!?

地球には太陽から光が届きます。

この太陽の光が地球を暖めているのです。

その一方で地表では太陽からのエネルギーを赤外線として宇宙へ逃がしている。

この時地球をぐるりと囲む温室効果が宇宙へ逃げていく熱をブロックして、大気中にとどめてしまうんです。

そして今、温室効果ガスが分厚くなってきて、熱がたまってしまいこの状態がよくない。

温室効果ガスはなくては困る存在。

今我々が暮らしている地球の平均気温は15℃前後。

もし仮に温室効果ガスがなくなると、−19℃まで下がり人間が住むにはあまりにも寒すぎる環境になると言われています。

温室効果ガスの正体とは!?

ランキング形式で…。

影響が大きい気体ランキング!

4位…亜酸化窒
★畑などの窒素肥料から発生

3位…メタン
★水田・ゴミ・牛のゲップから発生
・世界の牛の飼育数約14億9000万頭
 牛1頭1日に出すメタン300~500ℓ
 世界中の牛=1年間に出すメタン163兆ℓ

2位…二酸化炭素
★石炭・石油・天然ガスを増やすと発生
・世界中が取り組んでいる

1位…水蒸気
★地球に備わっている温室効果の約5割が水蒸気。

水蒸気を増やしている元凶こそ二酸化炭素。

二酸化炭素が増えると水蒸気が増える?

まず人間の活動によって二酸化炭素が増えると、温室効果が地球の気温が上がります。

すると海も温まり蒸発する水の量が増えます。

そして空気は暖かいほど、たくさんの水蒸気を含むことができるため、更に大気中の水蒸気が増えてしまい、二酸化炭素による温暖化を加速させてしまうのです。

二酸化炭素が増えると水蒸気が増える→地球温暖化はこの悪循環が問題

温室効果ガスが増えた根本の理由は二酸化炭素にある。

世界中で二酸化炭素の排出削減に向けて社会の転換が進められている。

スポンサーリンク



温暖化が進むと未来はどうなる?

今世紀末には平均気温が4℃も上がる。

たかが4℃と思うかもしれませんが、世界中の学者や政府が温暖化対策にここまで必死になるには理由がある。

2100年プラス4℃の世界とは…

グリーンランド・南極の氷が海に流出。

海水面1m上昇。

日本の砂浜は8割以上が消滅。

2019年の段階でもグリーンランドの氷は1年間で観測以上最大5320億トンの氷がとけ出す。

とけた氷の水量を東京23区に注ぐと東京スカイツリーがすっぽりつかってしまう。

特にやっかいなのが、大量の水蒸気を吸い上げ強力な台風に!

海の生態系にも影響が…。

おすしもなくなってしまう。

詳しくはNHKスペシャル1月9日よる9時から「2030未来への分岐点」で放送!

  

ということで・・・
なんで二酸化炭素が増えると温暖化するの?

水蒸気が増えるから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA