宝石の「カラット」ってなに?|チコちゃんより

チコちゃん

宝石の「カラット」ってなに?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

豆~。

教えてくれるのは、日本宝石協会 副理事長 堀内信之さん。

カラットは宝石の大きさ・輝きではない。

カラット=宝石の重さ

1カラットは何gなんでしょうか?

1カラット=0.2gと定義されていますが、ギリシャ語の「ケラチオン」という言葉が変化して生まれた言葉なんです。

宝石は昔、イナゴマメで量られ取り引きされていた。

イナゴマメ=古代から地中海東部で食用・医薬品の原料

なぜイナゴマメで宝石を量った?

イナゴマメは一粒一粒の重さがほぼ均一だったからなんです。

そして育てやすく取り引きされるどの宿場町でも育てることができ、てんびんのおもりとして重宝された。

宝石はいつごろから使われていたかは正確なことは分かっていませんが、ある人は「お守り」として、ある人は「病気を治す道具」として、そしてある人は「権力の象徴」として使われてきました。

ちなみに現在分かっている最古の鉱物の装飾品が、クロライトのブレスレット。

約四万年前の装飾品。

宝石が重宝されていたということは、必ず取り引きが生まれているはず。

誰もが納得した形で取引しないと、宝石の重さを量る際にてんびん用のおもりとしてイナゴマメを使用した。

スポンサーリンク



1カラット(0.2g)=イナゴマメ1粒

しかし、自然のものであるイナゴマメ。

多少の誤差は出るはず。

重要な宝石とかになってくると0.005カラット(0.01g)違ったりとか、利益が吹っ飛んじゃう。

0.01gの誤差も許されない宝石の世界。

その取引を任されていたイナゴマメ。

19世紀までは1カラットという単位こそあれ、重さは各国によってバラバラ。

宝石は高価なものですからこれではもめるということで、1907年の国際度量衡総会で1カラット=0.2gに制定。

今でも「カラット」の使用が一般的。

結晶物の宝石の単位=カラット(ct)
(ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド…)

非結晶物の宝石の単位=グラム(g)
(ラピスラズリ、琥珀…)

日本で使用していた重さの単位=モンメ
(真珠)

  

ということで・・・
宝石の「カラット」ってなに?

豆~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA