なんでエビやカニはゆでると赤くなるの?|チコちゃんより

チコちゃん

なんでエビやカニはゆでると赤くなるの?

スポンサーリンク



しかし、チコちゃんは知っています。

赤の素(もと)を食べているから~。

高知大学 農林海洋科学部で海洋生物を研究する足立亨介さん。

エビやカニが赤くなる理由は彼らが食べている餌にある。

藻の中にはアスタキサンチンという赤色の色素の素(もと)になるものが含まれている。

そのアスタキサンチンが関連するエビやカニが食べていると言われている藻が、紫外線からのダメージを防ぐため細胞内で生成するアスタキサンチン。

ヘマトコッカス藻=細胞のダメージを防ぐためアスタキサンチンを生成

アスタキサンチン=天然色素の一種で赤色

例えば鮭が赤いのもこのアスタキサンチンを含んだオキアミなどを食べているから。

更にフラミンゴの色は餌である藻に含まれる物質を、アスタキサンチンに変換しているからなのです。

鮭もフラミンゴもゆでなくてもすでに赤色。

スポンサーリンク



なぜゆでないと赤くならない?

アスタキサンチンは殻の中に含まれて殻の中ではたんぱく質と結合した状態。

アスタキサンチンとたんぱく質が結合した状態だと、アスタキサンチン本来の赤ではなくて、エビ・カニのいろんな色を形成するようになる。

エビやカニが体内に取り込んだアスタキサンチンはたんぱく質と結合→
茶色や灰色に見える

たんぱく質とアスタキサンチンが分解し、アスタキサンチンの赤色が表面に浮かび上がり赤くなっていたのです。

ちなみにスノークラブはアスタキサンチンを含むエサを食べない。

アスタキサンチン→体に悪い活性酵素を取り除く抗酸化作用

動脈硬化や糖尿病の予防→サプリメントとして使われている

また、老化防止にも効果が期待できるため化粧品とかにも使われている。

  

ということで・・・
なんでエビやカニはゆでると赤くなるの?

赤の素(もと)を食べているから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA