冠婚葬祭の冠って何?|チコちゃんより

チコちゃん

冠婚葬祭の冠って何?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

成人式~。

詳しく教えてくれるのは
國學院大學 文学部 教授
新谷尚紀さん

冠婚葬祭は人生のイベントを順番に並べた四字熟語。

冠=成人式
婚=結婚
葬=葬式
祭=祖先祭祀

祖先祭祀は「四十九日」「三回忌」など亡くなった人を祀ること。

成人式の「」は冠(かんむり)のこと。

昔は一人前になるとき冠をかぶるあるいはえぼしをかぶる。

これが一人前の印だった。

奈良時代以降
12~16歳(数え年)の男子が大人になる際に行う元服の儀式。

ちなみに成人の年齢が二十歳になったのは明治9年。

太政官布告20歳を成人と規定。

ですから冠婚葬祭の冠とは今では成人式の意味です。

昭和23年(1948年)成人の日が誕生。

スポンサーリンク



成人式発祥の自治体とは?

埼玉・蕨市と宮崎・諸塚村があるがどちらが先かは白黒はつけないとのこと。

  

ということで・・・
冠婚葬祭の冠って何?

成人式~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA