なんで渡り鳥はV字で飛ぶ?|チコちゃんより

チコちゃん

なんで渡り鳥はV字で飛ぶ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

楽チンだから~。

教えてくれるのは、立教大学名誉教授 上田恵介さん。

渡り鳥ってみんながよく知っているのは、ハクチョウとかガンとかツルなんかもそうです。

V字で飛ぶのは大型の渡り鳥→ハクチョウ・ガン・ツル

日本にやって来る渡り鳥は夏鳥・旅鳥・冬鳥の3タイプに分かれます。

体重およそ10㎏にもなるハクチョウなどの大型の冬鳥。

なぜ大型の冬鳥はV字で飛ぶ?

スズメなどの小型の鳥はパッと羽ばたいてすぐ飛ぶ。

ハクチョウなどの渡り鳥は、助走をつけて飛ぶ。

体が重い。

体が重いことで問題となるのが移動距離。

例えばハクチョウは冬になるとエサを求めて、シベリアより暖かい北海道や東北に向けておよそ3000㎞も移動します。

ずっと自分の力だけでは飛ぶのは大変。

大型の渡り鳥はエネルギーを節約するためV字で飛ぶ。

スポンサーリンク



なぜV字でエネルギーが節約できる?

翼の先=上向きの空気の流れができる。

上向きの空気の流れに乗って楽をして、エネルギーを節約して飛ぶことができるわけです。

鳥は羽ばたくことで飛行機と同じように、翼の下が高い気圧。

翼の上が低い気圧になります。

高い→低い気圧に空気が移動

上向きの渦状の気流ができる。

そしてこの渦は鳥の後方に残るため、後ろを飛ぶ鳥はこの上向きの気流に乗ることで、体が押し上げられ通常の羽ばたきよりも少ないエネルギーで、楽に飛ぶことができるのです。

つまりV字飛行は、長い距離を飛ぶ渡り鳥が楽に飛ぼうとした結果、自然と出来上がったフォーメーションだったのです。

  

ということで・・・
なんで渡り鳥はV字で飛ぶ?

楽チンだから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA