アルファベットにはなんで大文字と小文字があるのか?|チコちゃん

チコちゃん

アルファベットに大文字と小文字があるのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

紙を節約するため~。

教えてくれるのは・・・
慶應義塾大学 文学部
 堀田 隆一 教授

アルファベットに大文字と小文字があるのは、アルファベットはもともと大文字からスタートした。

多く書くために、紙を節約するために字が小型化した。

小文字化したというふうに考えられてます。

ではそもそもいつできたのか?

最古のアルファベットは紀元前1700年くらいに今のパレスチナやシリア辺りに発生したとされています。

アルファベットのルーツはあるものをかたどった絵からきているとされています。

Aのルーツは雄牛の頭

象形文字から読みやすさや書きやすさを求めて1世紀ごろに今のようなアルファベットの形になった。

ちなみに我々はアルファベットというと英語を想い浮かべますが、そもそもはローマ帝国が使用していたラテン語を書き表す文字なのです。

アルファベットの元はラテン語。

スポンサーリンク



小文字が誕生した背景は?

フランク王国 8世紀に西ヨーロッパの大部分を支配したカール大帝は・・・

これからの時代は学問が大事だ・・・と宣言します。

すると王国では教養を身につけるべく、聖書や文献を書き写した書物を量産。

ところが、思わぬ壁が立ちはだかる。

今のような紙がなかった。

当時羊皮紙というものはありましたが、かなり貴重なもので本が量産できなかった。

そんなときイギリスが生んだ天才神学者アルクイン。

アルクインが導入したのが小文字。アルクインはこの崩し文字を「小文字」にすることで、もっと安く書物を出版できると提案。

この小文字には紙にたくさん書けるよう様々な工夫がされているのです。

小文字
・幅が狭い・曲線が多い▶書きやすい。

小文字になると丸みを帯びて幅が狭くなっていることが歴然です。

小文字が出来た理由
もう一つ効率という理由があります。

例えば
 R 3画  r 1画
画数も少なく書くスピードもUP。

効率のよい書き方だと一気に広まったのです。

  

ということで・・・
アルファベットに大文字と小文字があるのはなぜ?

紙を節約するため~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA