結婚のお祝いのマナー|失礼にならないために

結婚のお祝いのマナー|失礼にならないために

POINT

たまに結婚式の披露宴の招待状に、服装は「平服でご出席ください。」と書かれていることがあります。これを普段着と間違っている人がいますが、平服とは略礼装のことをいい、男性は黒またはダークスーツ、女性はワンピースやアンサンブル・スーツ、和装なら色無地や付け下げなど、主催者よりワンランク下げるのが基本です

祝儀袋の種類

結婚祝いで祝儀袋を選ぶ時のポイントは、水引が『結び切り』一度結んだら解けない二度と繰り返さないタイプの祝儀袋を選ぶこと。

『蝶結び』は、解けば何度でも使えることから、繰り返しのお祝いごとにつかいます。
 
もうひとつ、祝儀袋はお金に見合ったものを選んで下さい (^^♪。

グーペ】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】

スポンサーリンク

 

 祝儀袋のいろいろ

 ①1〜2万円程度 
 ②2~3万円程度
 ③5万円程度
 ④5~10万円程度
 ⑤10万円以上


①      ②      ③

 
④      ⑤
 
※これといったきまりがあるわけではありませんので(^-^;
 
水引は本来、こよりに水のりを引き乾燥させ、かためたもので、もともとは贈り物や金包をしっかりと止めるために使われました。
 
最近は水引がついた祝儀袋のほうが一般的となっております。
 
 

熨斗(のし)

あわびを乾燥させて長く伸ばした『のしあわび』を語源とし、『長く続く』『のびる』などから『おめでたい』『長く繁栄してほしい』といった意味でつかわれますから、『香典』や『お供物』などの弔事や病気、災難などには使いません
 
      

祝儀袋のお金の包み方

下側の折返しが上になるようにして水引をかける。

『これは喜びを受けとめる』という意味で折返しの下側を上にします。
 
不祝儀袋の場合は『悲しみを流す』という意味で、逆に折返しの下側が下になります。
 
そして、中袋のお金はお札の肖像画が描かれたほうを上にして包みます。
 

金額の目安

友人、知人      2〜3万円
勤務先の上司、同僚  3万円
勤務先の部下     2〜3万円
兄弟姉妹       5〜10万円
甥、姪        3〜5万円
いとこ        3〜5万円
 
お祝いの金額は偶数になってもいい。
古来から慶事には奇数、弔事には偶数となってきました。
しかし2万円と8万円そして10万円は偶数でも良しとされてきました。
 
あと、お金の金額は漢数字で
 
  1万円    壱萬円
  2万円    弐萬円
  3万円    参萬円
  5万円    伍萬円
10万円    壱拾萬円
 
結婚祝いにはマナーを守っていきましょうねヽ(^。^)ノ
 

下町の老舗煎餅店の気持ちが伝わるギフト「ありがとう煎餅」が大人気

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。