なぜこの世には次々と人の顔が現れる?|チコちゃんより

チコちゃん

なぜこの世には次々と人の顔が現れる?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

点・点・点が人の顔に見えたほうがたぶん生き残れるから~。

教えてくれるのは
立命館大学総合心理学部 教授 高橋康介さん

つきつめていくと、点が逆三角の3つあるだけで顔に見えるという。

顔じゃないものが顔に見えてしまう。

これを、パイドリア現象というふうによばれています。

目で見たものに対して自分が知っている別のものを当てはめてしまう現象のこと。

目・目・口に対応するような3つの点があれば顔じゃないと分かってるけど、パレイドリア現象によって顔に見えてしまう。

更にパレイドリア現象が起きている時の脳の反応を調べたところ実際に人の顔を見たときに反応する脳の部位と同じ部位が反応していることも研究でわかっています。

では、なぜ人の顔に見える現象が起きるのか?

一つの説としては『あいまいな情報』とか『よくわからないもの』に対して何かパターンがあるんだと。

例えば人の顔があるんだなというふうにみなしたほうが、人間が生き残るうえで有利になるみたいな提唱をしている人もいる。

よくわからないものが、実際に顔=敵だった場合➡逃げることができ、生き残る確率がアップ。

ちなみに、人の顔だけに限らず月で餅つきをしているうさぎや手足の生えた野菜にも見えてしまうのもパレイドリア現象にあたります。

  

ということで・・・
なぜこの世には次々と人の顔が現れる?

点・点・点が人の顔に見えたほうがたぶん生き残れるから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA