握り寿司は1人前10個なのはなぜ?|チコちゃん

チコちゃん

握り寿司は1人前10個なのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

それですし絶滅の危機を乗り越えたから~。

詳しく教えてくださるのは、明治元年創業 江戸前寿司店の4代目 安井弘さん

戦後間もなく日本のすし屋は絶滅した。

戦後この「すし」が日本から消えた時代があった。

すし職人がつづった記録にはすしを復活させるために、お米1合で10個握るという起死回生のアイデアが記されている。

江戸時代の屋台で生まれた「握りずし」。

日本の食文化として発展。

戦前日本のすし店は3,000軒を超えていた。

しかし戦後すしは絶滅の危機を迎える。

そこで立ち上がったのが、銀座のすし店主 八木輝昌

昭和16年
すし文化の危機がはじまった。

すし店の命とも言えるお米そして魚が配給制になった。

それでもすし文化を途切れさせないために作っていたものがあった。

戦時ちらし
魚なしで野菜主体のちらしずし。

昭和20年終戦

日本は多くのものを失った。

お米や魚の配給制が続く中すし店にとって衝撃な出来事が起こる。

飲食営業緊急措置令

限られた食料を国民に配給するため、一部許可された店以外日本中で飲食店の営業が禁止になった。

許可された中にすし店はなく、日本からすしが消えた。

八木輝昌は思った。「美味しいすしで日本人の笑顔を取り戻したい」

考えたのは「すしの委託加工

みんな配給で米をもらう。その米をすし屋が握る。

これで、すしを売るんじゃなくて、加工して客に返す。

これなら「飲食業」でなく「加工業」となる。

八木たちは東京都知事へ直談判したが答えはノー

米は良くても魚はダメ。という理由だった。

八木たちは食い下がった。

配給で規制されていないものがある。

加工賃を40円もらえれば10種類のネタを用意できる。

米1合を10個の握りずしにします。

それなら多少儲けもでる。

すし店が生き残るギリギリの数だった。

そうして、都知事の許可が下りたのだった。

昭和22年 
すし店は持参委託加工として営業を再会。

店内はすし詰め状態になった。

そのまま、委託加工の「握りずし10個」は1人前の目安になった。

  

ということで・・・
握り寿司は1人前10個なのはなぜ?

それですし絶滅の危機を乗り越えたから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA