なぜ打ち合わせは「打つ」?|チコちゃんより

チコちゃん

なぜ打ち合わせは「打つ」なの

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

雅楽の楽器を「打って」「合わせて」いるから~。

詳しく教えてくださるのは。

小野照崎神社の宮司で雅楽会の会長
小野貴嗣さん

打ち合わせ➡日本古来の音楽「雅楽」から由来している。

雅楽は今から1,200年以上前の平安時代に日本に古くからあった音楽と中国や朝鮮半島などのアジア諸国から伝わってきた音楽が融合し貴族を中心に愛され、儀式やお祝いの席でも演奏されていた音楽です。

日本最古といわれる音楽文化。

ユネスコ無形文化遺産に登録。

現在では神社で行われる結婚式や初詣で流れている。
  

雅楽で使う楽器

大きく分けて3種類

管楽器

主なメロディーを奏でる
笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)

絃楽器

全体のリズムをとる
筝(そう)、琵琶(びわ) 

打楽器

演奏のスピードを調整する
鉦鼓(しょうこ)、太鼓(たいこ)、鞨鼓(かっこ)

リズムが独特でつかみづらい。➡鞨鼓が管理しついる。

オーケストラでいう指揮者のような役割。

スポンサーリンク



この鞨鼓が打ち合わせでとても重要な役割を果たしています。

雅楽には演奏に合わせて舞を披露する演目があり、踊る人に合わせたリズムでの演奏が、そこで全ての楽器が集まる前に打楽器だけで集まり鞨鼓の打つリズムに合わせて楽器を打ち鳴らしながら演奏の速さなどを決めている。

これを「打ち合わせ」といいます。

これが転じて現在では何かを成功させるために前もって集まり意見を合わせておくことを「打ち合わせ」というようになりました。

  

ということで・・・
なぜ打ち合わせは「打つ」?

雅楽の楽器を「打って」「合わせて」いるから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA