割り箸が最初から割れていないのはなぜ|チコちゃん

チコちゃん

割り箸が最初から割れていないのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

そば屋さんが回転率を上げたかったから~。

詳しく教えてくださるのは
日本箸文化協会 代表
小倉朋子さん

日本で箸が使われるようになったのは飛鳥時代だと言われています。

しかし、当時の箸は神様にお供え物をしたり外国から客人をもてなす時に使うもので庶民が使うことはありませんでした。

8世紀以降、箸を使った食事は庶民にも定着。

当時は木を削った2本の箸が一般的でした。

なぜ、くっついている割り箸が誕生したのか?

割り箸が誕生したのはおよそ300年前の江戸時代中期。

それにはあるお店が大きく関係していると言われています。

当時の江戸職人はこまめに間食をして力仕事をこなしていました。

こうした職人たちのお腹を満たしていたのがそばやお寿司、天ぷらなどの屋台だったのです。

当時箸は洗って使いまわすのが当たり前でした。

当時のそばは安かったので回転率を上げなければ儲からなかった。

スポンサーリンク



もう一つ問題がありました。

2本バラバラだと転がりやすく、しかも洗ったものなのかみためでは分からないということがあちこちで問題となっていた。

そこで誕生したのが平で最初からくっついた割り箸なんです。

当時の割り箸は使わなくなった酒だるを利用して作られたので無駄がなく、エコでそして何よりおもてなしの文化を大切にする日本人に好まれ全国的に広まっていった。

当時は割り箸のことを引き裂き箸と読んでいたが、縁の切れ目を連想することから明治維新後に「割り箸」という名が定着したということです。

  

ということで・・・
割り箸が最初から割れていないのはなぜ?

そば屋さんが回転率を上げたかったから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA