シャベルとスコップの呼び方がバラバラなのはなぜ?|チコちゃんより

チコちゃん

シャベルとスコップの呼び方がバラバラはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

足をかけるところがついているものがシャベル、ついてないのがスコップ~。

教えてくださるのは

大阪大学 名誉教授
真田信治さん

日本産業規格「JIS」
足をかけるところが
  ある→ショベル(シャベル)
  ない→スコップ

シャベル→掘る
スコップ→すくう

では小さい足をかけないものは?

先生はシャベルと呼ぶそうです。???

辞書でひいてみると。

みな、別々のことが書いていました。

なぜ呼び方がバラバラ?

どうやら地域によって呼び方がか違うようです。

明治時代からシャベル、スコップを製造してきた、大阪の老舗のメーカーでは大きいほうがシャベルで、小さい方はスコップだった。

そしてこちらでは掘るものをシャベル、すくうものをスコップと区別しているという。

英語ではscoop 小型のものをさす。からいっても西日本のほうが対応している・・・。

北日本の方では逆で殆どが雪かきに使う大きいものをスコップ、小さい方はシャベルでした。

東京を中心に北日本と西日本で呼び方が全く逆で、関東周辺は呼び方がバラバラで混じっていました。

西日本では足をかけて掘ることに使うので、大きいものをシャベルと呼び、北日本では雪をすくうことに使うため大きいものをスコップと呼ぶといいます。

関東周辺は戦後東北地方から労働者たちが東京に移動したため、その東北的なものが東京にも持ち込まれたんじゃないか。

もともとは、西日本と同じ呼び方をしていたはずなのに北日本の呼び方が入り込み関東周辺が大混乱になったのではないかということです。

  

ということで・・・
シャベルとスコップの呼び方がバラバラなのはなぜ?

足をかけるところがついているものがシャベル、ついてないのがスコップ~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA