大根は茹でると透明になるのは…空気と水の乱反射?|チコちゃんより

チコちゃん

大根は茹でると透明になるのは…空気と水の乱反射?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

もともと透明だから~。

教えてくださるのは
東京農業大学 食学部 准教授
三井裕樹

大根を茹でると透明になるのは、もともと透明だからなんです。

大根の細胞壁の主成分は主にセルロースとペクチン。

細胞のなかの水分は透明。

セルロースとペクチンも本来は透明。

透明なものの集まりなのに大根はなぜ白く見える?

細胞と細胞の間に多く空気を含んでいるため、細胞の中の空気と水で光の進み方が変わる、これがたくさんの乱反射を起こして白く見えているそうだ。

例えば雪の結晶なども多くの結晶が集まり空気を含むと乱反射をおこし、白く見えるのと同じなのだそうだ。

では茹でると透明になるのは?

熱により細胞のペクチンやセルロースが分解されてお湯が大根にしみ込んでいくことにより、細胞の隙間にあった空気が押し流されるため乱反射がなくなり透明になるそうだ。
 

  

ということで・・・
大根は茹でると透明になるのは…空気と水の乱反射?

もともと透明だから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA