なぜネクタイをつけるのか?おしゃれだけじゃない!|チコちゃんより

チコちゃん

なぜネクタイをつけるのか?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

生きて帰るため~。

教えてくださるのは
服飾評論家
出石尚三さん

もともとネクタイの起源はフランスのクラヴァットだった。

クラヴァット」とはフランス語でネクタイのことであり、17世紀のフランス貴族から広まった首元を飾る布。

200年以上ヨーロッパを中心に使われていた。

始まりはフランスのルイ13世なんです。

17世紀フランスは30年に及ぶ戦争のまっただ中でした。

外国から多くの兵士を雇いその中にはクロアチアから来た兵士もいました。

ルイ13世は彼らが身につけていたある物に目をとめました。

クロアチア兵がカラフルな布切れを首に巻いて身につけていたのを見て。

そこで側近にあれはなんだ? と尋ねました。

側近はあれはクラヴァット(クロアチア人)です。

ルイ13世は首飾りのことを尋ねたにもかかわらず側近が勘違いして「あれはクロアチア人てす」と答えてしまったのです。

そのためルイ13世はクロアチア人を意味するクラヴァットを首に巻かれた布のことだと思ってしまいました。

こうしてネクタイは勘違いが原因でクラヴァットとして広まったのです。

クロアチア兵はお守りとして出兵するときに恋人や妻の衣装の一部を身に着けいた。

それは女性の衣服の一部を身に着けていると戦争で死なないと信じられていた。

スポンサーリンク



戦争から生きて帰るためのお守りがネクタイの起源。

流行させたのはルイ14世だった。

フランス史上最も長く国王の座に君臨し強力な権力と栄華を極めたことから「太陽王」と呼ばれたルイ14世はレースや刺繍をあしらった豪華なクラヴァットを好みました。

おしゃれだったルイ14世が身に着けたことでクラヴァットはヨーロッパ中の貴族や庶民たちにも広まります。

さらに19世紀になるとイギリスで「ダンディズム」が流行。

ダンディズム
派手な色や装飾品をなくしダークスーツでシルエット美を追求。

しかし、シンプルゆえに皆同じような格好に・・・。

そうなってくるとワンポイントアクセントはどうしてもクラヴァットになってきた。

男性たちはいかに個性的にクラヴァットを結ぶかでおしゃれを競い合いました。

こうしてクラヴァットはファッションに欠かせないアイテムになったのです。

スポンサーリンク



斬新な結び方ということで一般の人にも流行。

さらにこのころからクラヴァットという呼び方に代わりシンプルに首に結ぶ布を意味する「ネクタイ」という呼び方が広まっていったと言われています。

そして、結びやすくほどけにくいネクタイを1923年ニューヨークのジェシー・ラングスドルフという人が誕生させた。

ネクタイをちゃんと結んでいると相手に対して失礼じゃない。

仕事に失敗しないで帰ってくることができる昔の戦場と同じ。

ネクタイは現代人のお守り。

社会のルールを守り、相手を敬う人間の証し。

出石さんが選ぶカッコいいネクタイの結び方

第3位 
ローズバッドノット

第2位 
ボウタイバニックロスノット

第1位
マトリックスノット
 

  

ということで・・・
なぜネクタイをつけるのか?

生きて帰るため~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA