裁判で判決結果の紙【びろーん】を持って走っている人って?|チコちゃん

チコちゃん

裁判で判決結果の紙【びろーん】を持って走っている人って?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

足の速い若手弁護士~。

教えてくださるのは
弁護士兼東京大学法科大学院客員教授
水口 洋介さん

テレビや新聞でよく見る判決の「勝訴」や「無罪」と書かれたあの紙は、弁護士の間では「はた」と読んだり「びろーん」と呼んだりしています。

びろーんって出すでしょ?だからです。

「びろーん」と呼ばれる紙は、裁判の関係者や報道人などに判決内容をいち早く伝えるために出されるもの。

公害問題や人権問題など、世間の注目度が高い裁判で出されることが多いと言われています。

裁判の結果を多くの人に伝える花形の「びろーん」。

実はびろーんには色々な言葉がある。

例えば、勝訴一つとっても「一部勝訴」「全面勝訴」「逆転勝訴」など。

判決内容によって使われる言葉は様々。

どの判決なら、どのびろーんを出すのか、原告が納得いくびろーんを考えるため、会議は長時間による。

スポンサーリンク



1963年、最高裁の判決は報道人によって裁判所の窓から出されていた。

当時は裁判所の敷地の中で出していました。

でも、1968(昭和43)年に秩序維持のため裁判所の敷地内でびろーんを出すことは禁止された。

裁判所では報道人が出すびろーんをはじめ、色々な人がビラや看板などを出している状況。

中には、裁判そのものに抗議をする言葉もあり、公平な裁判が出来なくなると考えた裁判所は、敷地内でびろーんを出すことを禁止した。

しかしそれでは、判決内容を早く伝えられない。

報道人に変わって弁護士が裁判所の中から走ってびろーんを出し続けた。

そのため、裁判所の職員や警備員の人に止められないように足の速い弁護士が選ばれた。

風紀を守りたい裁判所と、早く伝えたい弁護士の葛藤の歴史があった。

今は裁判所内でびろーんは出すことはないが、それでも外で待っている原告や報道人の方に一刻も早く結果を伝えたいという気持ちで、足の速い若手を選ぶことになっているんです。
 

  

ということで・・・
裁判で判決結果の紙【びろーん】を持って走っている人って?

足の速い若手弁護士~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA