注射は大人になると子どものときより痛くないのはなぜか?|チコちゃんより

チコちゃん

注射は大人になると子どものときより痛くないのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

痛みが10分の1になるから~。

教えてくださるのは
桜美林大学 教授
山口創さん

大人と子どもでは痛みの感じ方が全然違う。

子どものほうが約10倍痛いと感じるそうだ。

皮膚の表面には痛みを感じる痛点が1c㎡当り100以上あり、痛点が刺激されるとその信号が脊髄から脳に伝わり「痛い」と感じる。

子どもは脊髄の入り口の神経が十分に発達していないことから多くの神経が刺激されてしまい、同じ痛みでも大人より痛みを強く感じるのだそうだ。

子どもは男女共に7歳から9歳にかけて痛みの感じ方が約10分の1になってくるとのこと。

脊髄の入り口の神経が分類・整理されてくるということだ。

子どもは大人の約10倍も痛みを感じながら注射を受けていたんです。

また子どもの痛みには心理的な部分も関係しているという。

不安や恐怖によっても痛みが大きくなるそうだ。

スポンサーリンク



注射の痛みを和らげる3つの方法!

①意識をそらす

 例えば大好きなおもちゃや本などに夢中になっている間に注射する。

②皮膚をさする

 さすってあげると脊髄の入り口のゲートが閉まる。更にスキンシップの作用でオキシトシンというホルモンが脳から出てきて痛みを小さくする作用がある。
「痛いの痛いの飛んでいけ~」は科学的な効果もてきめんなんです。

③甘いものを食べる

 甘いものを脳で感じるとオピオイドという物質が出る。脳内麻薬とも呼ばれていて、痛みを軽くする。

  

ということで・・・
注射は大人になると子どものときより痛くないのはなぜ?

痛みが10分の1になるから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA