フィギアスケートの選手が目が回らないのは?|チコちゃんより

チコちゃん

フィギアスケートの選手が目が回らないのは?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

脳から目が回らない物質が出るから~。

教えてくださるのは
JCHO東京新宿メデカルセンター耳鼻咽喉科診療部長
石井正則さん

フィギアスケートの選手が目が回らないのは、本当に目が回ってないから。

目が回るのは、回転することでまっすぐ立っているつもりでも視界が上下左右に揺れ立っていられなくなる状態のこと。

目が回った状態➡目が揺れている

回転し続けると目が左右に揺れる。本人の意思に関係なく目が勝手に動くことを「眼振(がんしん)」といいます。

ではなぜ回転すると目が揺れるのでしょうか?

それは、ふらついたり、転ばないようにバランスを保つため。

三半規管」というのが耳の中にあります。

この三半規管にはワカメのようにゆらゆら揺れるたくさんの有毛細胞というのがあります。

この、毛の動きが目が回る感じを起こさせる重要な働きをしています

体が回転するとその勢いで三半規管の中にある有毛細胞が傾きます。
 
すると有毛細胞から脳へ信号が送られます。そして脳は回転する動きについていくようにという指令を目に送るのです。
 
眼振は視界を安定させるには必要な動きなんですが、長い間体が回転し続けると急にピタッと止まっても三半規管の動きは急には止まれず勢いで逆方向に傾く。
 
そのため脳から指令が出続けてしまい目が揺れてしまうのです。
 
これが目が回っている状態。

ではなぜフィギアスケート選手は目が回らない?

スピンの練習を繰り返すことでGABAという神経の伝達を抑える物資を脳から出し目が回らなくなる。

GABAは興奮した神経を抑える働きがあり脳に分泌されると、「体が回転している」という信号をブロック。

つまりフィギアスケートの選手はスピンの練習を繰り返し行うことで脳からGABAが出るようになり目が回らなくなるのです。

でも、2000~3000回転くらい回らないとダメなそうだ。そして目が回らなくなるまで3か月から半年かかるという。

フィギアスケートでは左回転だが逆回転でも同じく練習しないとGABAがでないから目が回るそうです。

  

ということで・・・
フィギアスケートの選手が目が回らないのは?

脳から目が回らない物質が出るから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA