お茶は緑色なのに茶色というのはなぜ?|チコちゃんより

チコちゃん

お茶は緑色なのに茶色というのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

もともとお茶は茶色だったから~。

詳しく教えてくれるのは、静岡産業大学総合研究所
客員研究員
中村 羊一郎さん

お茶は平安時代に中国から伝わってきたと言われています。

当時飲まれていたお茶は、蒸した茶葉を固めて砕いて粉にし、煮出したもの。

身分の高い人だけが飲むことが出来る高級品でした。

そして、鎌倉時代頃に庶民もお茶を飲み始めました。

この頃、庶民の間に飲まれていたのは手間のかからないお茶の葉を摘んで干して煮出しただけのものです。

恐らく赤と黒が混じったような色だったと思います。

これが布巾のような布に染み込みますと、お茶の色に染まりますよね。

そこから「茶色」という言葉が生まれた。

スポンサーリンク



この間、緑色のお茶「抹茶」も日本に伝わってきましたが、庶民には普及せず、お茶の色と言えば茶色というのが一般的だったのです。

そして江戸時代に蒸した茶葉を手で揉みながら乾燥させる新しい製法により、鮮やかな緑色のお茶が作られました。

それが全国に普及し、日本中の人がお茶と言えば緑色を連想するようなやなったと言われています。

緑茶が主流になってからも元々のお茶の色、つまり赤と黒を混ぜたような色を差す言葉として、茶色という言い方が残ったのです。

 

  

ということで・・・
お茶は緑色なのに茶色というのはなぜ?

もともとお茶は茶色だったから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA