なぜ海水に塩がはいっている?初めは酸っぱかった?|チコちゃんより

チコちゃん

なぜ海水に塩がはいっている?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

もともとは酸っぱかったから~。

教えてくださるのは
横浜国立大学 名誉教授 日本海水学会 会長
上ノ山 周

海はなぜしょっぱいの?

塩素+ナトリウム➡塩化ナトリウム

つまり「お塩」が入っているからしょっぱいんです。

しかし、大昔の海は今のようにしょっぱくはなく、実は酸っぱかった

それには地球誕生からの歴史と深い関わりが・・・。

我々人類が生きているこの地球にある「海」。

約46億年前、私達が生きている地球は微惑星が衝突を繰り返し地球誕生。

その後地球には大きな天体が衝突。そのエネルギーが熱に変わり地球はドロドロに溶けてしまいます。

地表はマグマに覆われその温度はなんと1,500℃以上あり、海は存在しませんでした。

そして惑星の衝突からおよそ200万年たつと大気中の水蒸気は水となり、地上に雨となって降り注ぎました。

年間の雨量は10mを超える凄まじい雨。

ちなみに東京都の年間降水量は1590mm。

そのおよそ6倍以上ある台風のような大雨が降り注ぎました。

その雨は1,000年近くも続き現在の海のもととなる原子の海が生まれたのです。

しかし、生まれたての海は現在の海とは違い魚類や哺乳類などの生物たちが住める環境ではありませんでした。

地球がマグマで覆われていたころ、大気中にはマグマから噴き出した多量のガスの中に「塩素ガス」が含まれていました。

この塩素ガスは水に溶けやすく、それが雨に溶け、塩酸の雨となりました。

塩酸は金属も溶かす強酸性の液体。

最初の海は酸性の海だったんです。

強酸性だから・・・

酸っぱかったんです

スポンサーリンク



酸っぱい海がなぜしょっぱい海に?

火山によってつくられた岩石にはさまざまな元素が含まれていてそれらが酸っぱい「塩酸」の雨で海の中に溶け出したのが原因。

塩酸の雨に含まれていた塩素が岩石にあるナトリウムとくっつき塩化ナトリウムが作られました。

いわゆる塩が生まれたということです。

今、海中の塩分はおよそ77.9%を占めている。

こうして今からおよそ38億年前、酸っぱい海からしょっぱい海へと変化していったのです・・・。
 

  

ということで・・・
なぜ海水に塩がはいっている?

もともとは酸っぱかったから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA