ぶどうについている白い粉は?|チコちゃんより

チコちゃん

ぶどうについている白い粉って何?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

ろう!~。

教えてくださるのは、長年にわたり、野菜園芸学を研究している
恵泉女学院大学 人間社会学部 教授 藤田 智さん

ぶどうについているこの白い粉を農薬などと勘違いしてる人が多いんですけれど、これは「ブルーム」というぶどう自体から作られた天然のろう物資であります。

ろう」とは、脂肪酸やアルコールなどからなるあのろうそくの「ろう」。

ろうは紙や布に塗ると水をはじくという性質がありますが、まさにこれと同じことがぶどうの表面で起こっているのです。

ポイントはろうが作られるクチクラという膜にある、ぶどうの表面を見ると私たちの目には見えない「クチクラ」と呼ばれる膜があります。

クチクラは、多くの植物の葉や茎、実に存在し水分の蒸発を防いだり、雨などを弾いて病気を予防したりする働きをしています。

ぶどうのクチクラは、主に「クチン」という物質と「ろう」で出来ています。

実が大きくなるにつれて、ろう物質が増えてくる。

このろうが外に押し出されて溢れでてきたものが、ブルーム

白い粉の正体なんです。

ブルームは、クチクラから溢れでたろうが表面に現れたものだったのです。

ぶどうの表面を電子顕微鏡で見てみると、溢れでたろうが結晶となってついているのがわかります。

これが私たちには、白い粉のように見えているのです。

スポンサーリンク



ブルームがあることでより水分を弾き、中の鮮度が保たれる

ブルームを拭き取ったものは、早く悪くなる。

新鮮で完熟したぶどうほどブルームが多い。

自然に出来たブルーム(ろう)は、口に入れても害はありません。

ぶどうはブルームがしっかりついているかどうかで市場価値が左右されます。

農家は細心の注意を払って収穫・出荷をしている。

ちなみにこのブルーム、ぶどうの 以外にも…。

ブロッコリーやきゅうりなどにもある。
 

  

ということで・・・
ぶどうについている白い粉って何?

ろう!~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA