なぜ弁当は「弁当」っていうのか?|チコちゃんより

チコちゃん

なぜ弁当は「弁当」っていうのか?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

「弁当」=「便利」だから~。

教えてくれるのは
米食文化研究所 理事
八谷 中大

日本で最も古いお弁当
お米を乾燥させた糒(ほしい)

古墳時代には食べられていた・・・という記録が残っています。

はそのまま食べるか、水やお湯で戻して食べたという。

小さな袋で持ち歩く➡どこでも食事ができる。

平安時代になると今でいうお握り「屯食」が登場。

屯食は宮中行事で下級貴族に振る舞われた。

ここまでは・・・
弁当」とは呼ばれていない。

べんとう」という言葉自体はそもそも日本が平安時代から鎌倉時代だった12世紀ごろに中国でできた言葉。

その後日本に伝わったのでは? とされています。

最初は「便利」という意味の言葉だった。

この後弁当は今の「持ち歩く食事」を意味するようになるのですがいつのことだったか?

「弁当」=持ち歩く食事や器の意味になったのは安土桃山時代ではないかと言われている。

この時期に来日していたポルトガルの宣教師が作った日本語の辞書には・・・

Bento
文具箱に似た一種の箱で引き出しがついておりこれに食物を入れて持っていくもの。

・・・という記述が。

スポンサーリンク



つまり、好きなところで食べられる=便当(便利)なもの=便

便当➡弁当になったのは?

」という漢字には「備える」という意味もありますから

事前に調理して備えたものを(

用に当てる(

ということで今の漢字が当てられるようになったのかもしれません。

江戸時代に入ると・・・
お弁当文化は庶民の間でも旅人たちが自分のお弁当を持って出発し、宿泊先で中身を詰めてもらう道中弁当、歌舞伎などの芝居を見るときには「幕の内弁当」、そして重箱に豪華なおかずが並ぶ「お花見弁当」など世界に類を見ないお弁当文化が築かれました。

  

ということで・・・
なぜ弁当は「弁当」っていうのか?

「弁当」=「便利」だから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA