アカペラってどういう意味?|チコちゃんより

チコちゃん

アカペラってどういう意味?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

「教会で」

教えてくれるのは
国際基督教大学 教授 佐藤望

アカペラは「ア・カペラ」というイタリア語からきています。

  a    
【~で 英語:at】
cappella  
【教会 英語:chapel】

つまり「アカペラ」っていうのは、もともとは「教会で」という意味です。

「アカペラ」というのは、教会で歌う聖歌ととても深い関係がある言葉です。

神をたたえ祈り歌う聖歌。

キリスト教の伝統的な聖歌に「グレコリオ聖歌」というものがあります。

8世紀ころから歌われ続けている。

「グレコリオ聖歌」っていうのはですね、基本的にメロディが一つだけです。

それは今みたいな楽譜はなかったからなんです。

楽譜がないので、歌は直接歌って伝えるしか方法がなく、シンプルな楽曲がほとんどでした。

しかし、14世紀に入り、現在のような五線譜の楽譜が普及しはじめると、作曲家たちは複雑な聖歌を次々と作りはじめます。

最初の「グレコリオ聖歌」のシンプルな旋律というのは……。

♪「ハ~レ~ル~ヤ」。

一つのメロディだった聖歌は、二つ以上のパートにわかれ、一つのハーモニーを作る合唱へと進化します。

このような音楽を「複数」を意味する「ポリ」と「響き」を表す「ホニー」で「ポリフォニー」と言い、この時代に大流行しました。

14世紀以降、作曲家たちは競うようにポリフォニー音楽を作ったため、聖歌はたくさんのパートにわけられた複雑なハーモニーへと変化した。

イギリスのタリスという作曲家が作った歌はなんと、40ものパートがそれぞれ違うメロディを歌っています。

スポンサーリンク



作曲家たちの腕自慢は、さらにエスカレートし、15世紀の終わりには聖歌に楽器の伴奏を積極的に取り入れはじめ、かつてのシンプルな聖歌とはかけはなれてしまった。

しかし、16世紀になるとドイツのマルティーン・ルターに宗教改革が起き、後のプロテスタントとよばれる人たちの運動が始まり、キリスト教は大混乱に…。

その混乱を終息させるために、ローマ教皇は「トリエント公会議」をひらきます。

聖歌っていうのはもともとお祈りのための音楽のはずなのに歌詞がわからないと音楽にならないんじゃないか? という非難の声は結構あがったみたいなんです。

ですから聖歌はシンプルに歌わなければいけない。楽器を使っちゃいけない。

そういったことがどうも話し合われたようなんですね。

トリエント公会議の流れを忠実に実行したのが「教会音楽の父」と呼ばれる作曲家パレストリーナです。

歌詞がシンプルで聞き取りやすい美しいハーモニー。

これが今で言うアカペラの原点となりました。

スポンサーリンク



しかしトリエント公会議を開いたローマ教皇への対抗心が強かったベネチアでは聖歌はシンプルにと言うお達しを無視して楽器を積極的に取り入れた聖歌が作られ続けました。

これに対し19世紀になるとドイツでトリエント公会議に立ち戻り楽器による伴奏を排除しようとする「セシリア運動」が起こります。

そこで再び脚光をあびたのが作曲家パレストリーナ。

無伴奏の音楽ですからこれがカペラにふさわしい音楽、すなわち「ア・カペラの音楽」イコール「無伴奏」という意味がだんだん広がっていったと考えられています。

セシリア運動のドイツ人
無伴奏の聖歌➡イタリア語「ア・カペラ」(教会で)

と呼び始めたと言われています。

そこからアカペラという言葉はヨーロッパから世界へと広まり20世紀になるとアメリカで神に祈り合唱する楽器を持たない声だけのパフォーマンス、ゴスペルが誕生。

こうしてアカペラは一つの音楽のジャンルとして定着しました。

  

ということで・・・
アカペラってどういう意味?

「教会で」


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA