レインコートをかっぱというのはなぜ?|チコちゃんより

チコちゃん

レインコートをかっぱというのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

戦国武将がポルトガル語をマネしたから~

教えてくれるのは
熊本県立大学 名誉教授
馬場良ニさん

レインコートを「かっぱ」というのは戦国武将たちがポルトガル語をマネしたからです。

ポルトガル語の辞書を調べてみると「かっぱ」という言葉が入ってきた。とあります。

16世紀半ばに始まった南蛮貿易のころ。

南蛮貿易
 
16~17世紀にかけ南蛮貿船に乗ってやってきたスペイン人やポルトガル人などと行った貿易。
 
鉄砲をはじめ生糸や絹織物が輸入されるようになりました。

かっぱが日本に入ってくる前の雨具は庶民が使っていた藁を編んだだけの蓑と柿渋などを和紙に塗った紙子(かみこ)と呼ばれる羽織でした。

そこに、ポルトガルから新たな雨具「かっぱ」が伝来。

彼らは防寒着としてだけでなく雨具、つまりレインコートとしても使っていた。

16世紀「かっぱ」は高級品でそれこそ戦国武将として名が知れた人ぐらいにしか手にすることができなかったものなんです。

なかでも、「かっぱ」を日本中に広めるきっかけとなった代表的な人物が・・・

織田信長

当時宣教師として日本に来ていたルイス・フロイスの記述を見てみると・・・信長への贈答品の中に「緋色の合羽」があったと記されています。

織田信長=かっぱのイメージ

他にも戦国時代には様々な武将がかっぱを愛用。

上杉謙信や豊臣秀吉などが着用したとされる「かっぱ」は今も残っている。

なぜ戦国武将は「かっぱ」を愛用した?

暖かいからじゃないですか? まず襟ですね。

当時日本の着物には首を覆うような襟というものはありませんでした。

更に、素材。当時日本の主な素材は麻や今のものより目の粗い絹のつむぎでした。

一方、かっぱに使用されていた主な素材は「天鷲絨(ビロード)」と呼ばれる起毛のふわふわしたもの。

そして、羅紗(ラシャ) 羊毛の織物(ウール)

暖かい油分があり雨もはじく。

現代で言うレインコートとして説明されています。

日本になかった衣類なのでポルトガル語のcapaをそのまま使用。

スポンサーリンク



更に武将たちはこのウールを使いかっぱをマネた合戦の場で着る陣羽織も作り天下統一を目指す武将たちはかっぱのように襟もつけ雨風を避けるとともに豪華さや見栄えを競ったと言われています。

その後江戸時代になるとポルトガル語の「かっぱ」は「合羽」という漢字があてられ庶民に広がっていった。

ポルトガル語ではものを覆う➡カバーする➡「かっぱ」で本来ものを覆うという広い意味だそうだ。

本当の気持ちを笑顔で覆い隠す作り笑いもかっぱというみたいだ。

  

ということで・・・
レインコートをかっぱというのはなぜ?

戦国武将がポルトガル語をマネしたから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA