コンセントの穴が2つなのはなぜ?|チコちゃんより

チコちゃん

コンセントの穴が2つなのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

入口と出口が必要だから~。

教えてくれるのは、近畿大学工学部 講師
津山美穂さん。

コンセントの穴が2つなのは、入り口と出口が必要だからなんです。

どちらが入り口?出口?

コンセントの電気は交流という電気が使われています。

プラス「+」とマイナス「-」で行ったり来たりする電気なんですが、コンセントに流れる電気は、右の穴から入って、左の穴へ出たあと、 左の穴から入って右の穴へ出るというのを交互に繰り返しています。

つまり右の穴と左の穴どちらも入口で、どちらも出口ということです。 電気は入口と出口がないと流れません。

更に水が高い所から低い所に流れるように、電気も電圧が高いところから低いところに流れる性質があります。

導線を電圧の高い「+」にだけつけても電球は光りません。

電気が流れていないから。

でも電圧の低い「-」にもつなげると、電気が「+」から入ってきて、+→-の流れができたからです。

コンセントの場合は、右の穴の電圧は常に「+」と「-」に行ったり来たりしています。

一方、左の穴の電圧は常に0なので、右の穴が「+」の時は右から左へ。

右の穴が「-」の時は、左から右へと流れるんです。

コンセント→右の穴の電圧が常に入れか→電気が左右交互に流れる。

電気の流れを生み出すためコンセントの穴は2つ。

実はコンセントは左右で違いがあります。

よく見てみると左の方が大きい、

左右の向きを合わせた方がより性能を発揮するものがあるので、さす時に間違わないようにコンセントの左側の穴が大きいのです。

例えばオーディオ機器はコンセントにさすプラグに目印がついています。

目印はメーカーによって様々。

コンセントにさす時は目印の方を左側にさしたほうが音が良くなります。

左右正しく接続→くっきり、はっきりした音に

ここで問題

エアコンや冷蔵庫などのコンセントは穴が3つ、あれはなに?

正解
アース。

スポンサーリンク



アースとは人間が感電しないようにするもの。

家電製品などが故障した時に電気が漏れて出してしまうことがあります。

家電がぬれていたり、手がぬれていると危険。

アースは漏れた電気を人ではなく、地面に流して感電を防ぐ役割があります。

料理の時にぬれた手で触りやすい冷蔵庫や、冷房時に水を出すエアコンには3つ目の穴がアースが付いているのです。

アースは国によって色々あり、国々にあった形になっています。

日本はコンセントの素材を電気が通りにくいものにしたり、電気が漏れるのを防ぐ機器をつけたりすることで、安全性を高めています。

だから日本のコンセントの穴は2つなのです。

  

ということで・・・
コンセントの穴が2つなのはなぜ?

入口と出口が必要だから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA