トウモロコシのヒゲってどういう役目?|チコちゃんより

チコちゃん

トウモロコシのヒゲってなに

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

めしべ~。

教えてくださるのは
東京農業大学 農学部 教授
髙畑健さん

トウモロコシのヒゲはめしべの一部です。

そのヒゲの一本一本におしべから来た花粉がつくことでトウモロコシができる。

トウモロコシの種をまくと1週間ほどで芽が出ます。

およそ2か月後には人間の背丈ほどに成長。

その下にヒゲのように伸びてくるのがトウモロコシのめしべです。

この状態では我々が八宝菜として食べているおなじみのヤングコーンと呼ばれるものになります。

ヤングコーンという種類のトウモロコシがあるのではなく受粉する前に早採りしたトウモロコシをヤングコーンと呼んで食べているんです。

この時点ではまだ一粒一粒が小さい状態ですがおしべから花粉が落ちます。

スポンサーリンク



花粉がめしべにつくと受粉。

花粉を確実にキャッチするためヒゲには細かい毛がたくさん生えている。

このヒゲが花粉をキャッチして受粉すると、花粉から管がでてヒゲの中を伸びていきます。

そして粒のところまでたどり着くと受粉。

受粉した粒はその後一気に成長し甘くてみずみずしいトウモロコシになるのです。

トウモロコシのヒゲの数と粒の数は同じなのでヒゲの数が多いということはぎっしりとトウモロコシの中に粒々が詰まっているということ。

トウモロコシのヒゲ
食物繊維が豊富で便秘改善が期待できる。カリウムを多く含み利尿作用がある。

  

ということで・・・
トウモロコシのヒゲってなに

めしべ~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA