怒るときの「コラ」ってなに?|チコちゃんより

チコちゃん

怒るときの「コラ」ってなに?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

鹿児島弁の「ねえ」~。

教えてくださるのは、国立国語研究所特任教授
木部暢子さん

元々は九州の鹿児島地方で使われていた方言なんです。

鹿児島県の主に薩摩半島辺りで使われていたとされる方言。

その意味は
コラ=「ねえ」「ちょっと」という呼びかけの意味で使用していました。

鹿児島のおはら節にもあります。
♪おごじょ コラコラ お前ァ 宿どこや♪

この歌詞の「おこじょ」とはお嬢さん。

つまり男性が「お嬢さんちょっとちょっと家はどこだい?」とナンパしている場面。

つまり鹿児島県の薩摩半島では「コラ」は「ねえねえ」とか「ちょっとちょっと」など優しく呼びかける言葉として使われていたのです。

おじいちゃんやおばあちゃんが孫に親しみを込める感じでコラコラと呼び掛けているのを聞いたことがあります。

なぜコラが怒る言葉に?

有力な説として明治時代の初め頃に今の警察の基になる「ら卒」という組織ができました。

そのら卒のメンバーがほとんど鹿児島出身の人という説があります。

明治初期、日本は維新後の混乱で治安が乱れていました。

警察の基になる「ら卒」という組織を設立。

ら卒は町を見回る役目を果たしていました。

ら卒には3000人が採用。

その内訳は鹿児島出身の西郷隆盛が連れてきたおよそ1000人。

そして初代警視総監なった川路利良が1000人連れてきました。

つまり当時の警察は2/3が鹿児島県出身だったんですね。

鹿児島弁はイントネーションは強い。だから高圧的に聞こえてしまう。

怒られているような感覚になり、今の怒る意味に変わり広まった。

スポンサーリンク



地方から全国に広がった言葉

「うざい」=うざったいの略語。不快感を示す言葉。

語源は、虫や魚がたくさん集まるうざうざ(うじゃうじゃ)。

江戸時代に使われていた言葉が東京の多摩地区に残っていました。

多摩地区に残っていた「うざうざ」はその後「うざった」いという言葉に変化。

そして1970年代後半から八王子近郊に大学や短大などがたくさん移転したことをきっかけに学生達の間で「うざったい」が広まり、その後さらに短縮され「うざい」が使われ始めます。

うざうざ→うざったい→うざい

地方に帰った学生が使い全国に広まった可能性があるそうです。
  

「なにげ」=なんとなくや実はなど広い意味で使われる若者言葉。

埼玉や群馬あたりが発祥と言われます。

1990年頃、埼玉の中学生がよく使い東京の若者言葉に影響を与えました。
  

「めっちゃ」=めちゃくちゃの略語。「非常に「大変」という意味。

1980年代のドクタースランプアラレちゃんの影響を受け、関西の若者ではやった。

ということで・・・
怒るときの「コラ」ってなに?

鹿児島弁の「ねえ」~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA