なぜ服が水にぬれるとぬれたところの色が濃くなる?|チコちゃんより

チコちゃん

服が水にぬれると色が濃くなるのは?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

もともとの色になるから~。

教えてくださるのは
法政大学
科学ジャーナリスム・物理学 教授
藤田貢さん

私たちが物を見たときの色というのは光が当たって反射した色なんです。

服が水にぬれると色が濃くなるのは、ふだん服に当たって反射している光が減るので服のもともとの色が見えるようになるからなんです。

実はぬれている部分こそ布本来の色なのです。

色はどう見える?

まず太陽や電灯の光は白く見えますが、実はこれらの光にはさまざまな色が含まれています。

その光は赤色の服なら赤以外の光は服に吸収され赤の光だけが反射。

そして、私たちの目には赤に見える。

では、なぜ乾いている場所とぬれている場所で色が変わるのか?

服の表面は実は平らではなく、デコボコしている。

表面がデコボコしてると服に当たる太陽などの光がいろいろな方向へはね返ってしまって物が白っぽく見えてしまうんです。

これは乱反射という現象なんです。

なぜ乱反射すると白っぽくみえるのか?

例えば海の波。この波の先端が白く見えるのは乱反射の影響。

太陽の光に含まれるさまざまな色があらゆる方向にはね返り全ての色の光が再び混ざり合って目に届くのでもとの太陽光のように白っぽく見えるのです。

乾いた服の場合も表面がデコボコのため赤以外の光の一部もあらゆる方向にはね返り素材本来の赤より白っぽく見えるというのです。

スポンサーリンク



では、なぜ服が水にぬれると色が濃くみえる?

服が水にぬれると表面のデコボコが薄い水の膜に覆われて表面が平らになっているので光は反射できなくなってしまいます。

そうすると服の本来の色が見えてくる。

つまり、水によって表面が平らになることであらゆる方向に反射していた光は服の中に吸収され服本来の色のみが反射する事になるんです。

  

ということで・・・
服が水にぬれると色が濃くなるのは?

もともとの色になるから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA