ゼリーが固まるのは?|チコちゃんより

チコちゃん

ゼリーが固まるのは?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

い~や固まっちゃあいないのよ。

教えてくださるのは
東京大学大学院 工学系研究科 教授
酒井崇匡さん

「液体と個体の間のやわらかい物質を研究するエキスパートで医療分野への応用を目指すしているそうです。」

ゼリーって見た感じ固まっているように見えるが、実は固まってない、ほとんど液体みたいな状態。

ほぼ液体とは?

材料なんですけど基本的にはジュースみたいな液体とゼラチン。

ゼラチンは動物性たんぱく質。たとえば魚を煮たあとに冷えて出来る煮こごり。

これは魚に含まれているゼラチンの働きによって出来ています。

一般に販売されているゼラチンは牛の骨などから抽出。

ゼラチン分子は動物の中ではらせん構造になっています。

そこに熱をかけるとバラバラになる。

ゼラチン分子は温度が高いと水と一緒に動きまわる。

このとき水分子も活発になっているが、ゼラチン分子を気に入って離れたくない関係になる。

スポンサーリンク



冷やされるとまたゼラチンはらせん状に戻ってきます。

結果的に立体的な網目状の構造を作るようになります。

固まったゼラチンの周りをゼラチンから離れたくない水が動き回っている様子が私たちの目には固まって見えている。

つまり、ゼラチン分子と水の分子の両方が動き回っているからそういうふうになる。

  

ということで・・・
ゼリーが固まるのは?

い~や固まっちゃあいないのよ。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA