「午前中」というのに「午後中」と 言わないのはなぜ?|チコちゃんより

チコちゃん

「午前中」というのに「午後中」と 言わないのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

午後の終わりは人それぞれだから~。

教えてくださるのは、東洋大学文学部教授
木村一さん。

午後の終わりは人それぞれだからなんです。

「~中」というのは「終わり」の方に意識が向けられることが多くあります。

「~中」は基本的には「終わり」がはっきりしているものに使われる言葉なのです。

そこで「午前」と「午後」の終わりについてどのように書いてあるのか辞書を引いてみると…。

「午前」
夜の12時から正午まで
夜明けから正午まで
➡終わりは「正午」とはっきりしています。

一方「午後」はと言うと
正午から午前0時まで
正午から日没まで
➡終わりは決まっていません。

「終わり」がはっきりしない「午後」➡「~中」が使いにくい

「今日」0時から24時まで。
終わりがはっきりしているので「今日中」と言うことができます。

動作的な意味、終わりが曖昧
➡「中」がつかない

「婚約中」とは言いますが「結婚中」とは言いません。

「婚約」とは結婚するまでの時間のこと。

終わりがはっきりしているので「中」がつきます。

「結婚」は基本的に終わりが決まっていないので「中」がつきません。

検証した結果、夕方5時辺りとこたえた人が多かった一方、夜中の12時の人もいて、午後の終わりは人それぞれだった。

スポンサーリンク



  

ということで・・・
「午前中」というのに「午後中」と 言わないのはなぜ?

午後の終わりは人それぞれだから~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA