ソーセージとウィンナー何が違う?|チコちゃんより

チコちゃん

ソーセージとウィンナー何が違う?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

ウィンナーはソーセージ。

教えてくださるのは
日本食肉科学会 理事長
坂田亮一さん

ウィンナーの正式名称はウィンナーソーセージといいます。

ウィンナーとはソーセージの一種。

ソーセージと呼ばれる食べ物の中で数ある種類のうちの一つをウィンナーと呼びます。

そもそもソーセージとは、牛や豚などの、ひき肉を食塩や香辛料で味付けしそれを動物の腸やフィルムなどの容器に詰め加熱、または乾燥させたもののことを指します。

ソーセージの皮は主に羊・豚・牛の小腸を使用。

ソーセージの中身は主に牛・豚・羊・鶏などが使われる。

でもやっぱり豚肉が多いですね。

美味しいから!

ウインナーの特徴

羊の腸または直径20mm未満のものもウインナーと呼ばれます。

ウインナーの名前の意味はウィーン風のという意味です。アースとリアのウィーンでよく食べられていたことからこの名前がついたといわれています。

スポンサーリンク



ソーセージの種類

○ウインナー
 羊の腸または直径20mm未満

○フランクフルト
 豚の腸または太さ20mm以上36mm未満。

○ボローニアソーセージ
 牛の腸または太さ36mm以上。

○サラミソーセージ
 ドライソーセージ
 肉は豚と牛のみ水分が35%以下。

  

ということで・・・
ソーセージとウィンナー何が違う?

ウィンナーはソーセージ。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA