宇宙ステーションで体が浮くのはなぜ?|チコちゃんより

チコちゃん

宇宙ステーションで体が浮くのはなぜ?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

落ち続けているから~

教えてくださるのは
江東区 日本科学未来館
科学コミュニケーション専門主任 松岡 均

宇宙ステーションが飛んでいる高さ400kmぐらいは地上と比べて10%ほどしか重力は小さくなっていない。

重力
約10%減少ほどでは地球とほぼ変わらない。

では、なぜ体が浮く?

遊園地のフリーフォールに乗るとわかると思います。

確かに体が浮いたそうです。

体が浮いた感じ=落ち始めたとき

この状態がずっと維持しているのが宇宙ステーション。

宇宙ステーションと中の人は一緒に落ちているのがポイント。

ものが落ちている時は重力を感じていない状態。

無重力状態になっている。

フリーフォールは真下に落下。ジェットコースターは横方向に移動で体が浮く。

宇宙ステーション
1秒で約8kmという高速で水平方向に移動。

1秒後5mの落下➡同時に横へ8km進む。

地球は丸いので地球と宇宙ステーションの距離は1秒後にも同じ距離になります。

実は宇宙ステーションは1秒間に5m落ちています。

しかし同時に横に8km進みます。

つまり1秒後に5m落下しても横に8km進んでいるので地球との距離は変わらない。

スポンサーリンク



地球の周りをぐるぐると回り続けているのです。

落下しながら水平方向に高速移動しているので地球に落下せず体が浮く。

中の人も宇宙ステーションと一緒に落ち続けているので体が浮いているように見える。

  

ということで・・・
宇宙ステーションで体が浮くのはなぜ?

落ち続けているから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA