かゆいのは体の防衛反応?|チコちゃんより

チコちゃん

かゆいってなんなの?

スポンサーリンク



かし、チコちゃんは知っています。

体に良くないものがついたサイン~。

教えてくださるのは
順天堂大学医学部 特任教授 
髙森建二さん

人類が誕生してから700万年もの間人々はかゆみが何なのか考えてこなかった。

実はかゆみの研究がさるるようになったのが1950年ごろ。

その頃からおよそ50年くらいは、かゆみイコール軽い痛みと考えられていたんですが1997年にそれが間違いだと判明した。

痛みは皮膚だけではなく、体の臓器が傷ついても痛みを感じます。

かゆみは体内の臓器では感じません。

たとえば、胃がかゆいということはない。

かゆいとは一体なに?

かゆみは体を異物から守る防衛反応であり、警告反応でもあったんです。

皮膚に異物がついたときのかぶれなどを防ぐための警告や、虫に刺されて体内に入った毒のせいでこれから炎症が起きますよの警告サイン。

かゆみは痛みを感じる痛点ではなく、かゆみを感じる痒点(ようてん)の真下にあるかゆみを伝える神経を通って脳に伝わっていることが約25年前にわかった。

なぜかゆいとかくのか?

最新の研究で痛みの神経がかゆみの神経を抑えることが科学的に明らかになった。

かゆいところをかくと近くの痛みを感じる神経も同時に刺激されGABAやグリシンという物質が分泌されます。これがかゆみを伝える神経の働きを抑えるのでかゆみがおさまります。

つまり、痛みを与えることでかゆみを抑えているのてす。

先生は「かく」より冷やすことが、ずーと痛みを感じている状態になるのでかゆみを継続的に抑えることができるといいます。

冷やすことで皮膚を傷つけずにかゆみを抑えることができるのです。

スポンサーリンク



かゆみは他に命に関わる内臓の病気の場合、体の表面が猛烈にかゆくなることがあるという。

例えば、がんになるとがん細胞からかゆみ物質が放出されかゆみの神経を伝わって痒点がある皮膚の表面がかゆくなると考えられています。

肝硬変や糖尿病、悪性リンパ腫などかゆみは体の異常を知らせる重要なサインなんです。

かゆみのサインを放っておくと大変な場合になる可能性もあるということです。

気を付けましょう。

  

ということで・・・
かゆいってなんなの?

体に良くないものがついたサイン~。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク



コメントを残す


CAPTCHA