ジューンブライドと幸せな結婚

ジューンブライドと幸せな結婚

ジューンブライド・幸せな結婚

もうすぐ6月、女性にとっては憧れの月。

「ジューンブライド(June bride)」とは、古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」という言い伝えのこと。

ジューンブライド(June bride)にあたる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、

海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節。

特に海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズンと言えます。

その由来は諸説があり

  • ①6月すなわちJune という月名が、ローマ神話の結婚をや出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることからから婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すれば、きっと花嫁は幸せになるだろうとする説。
  • ②その昔、ヨーロッパでは、3、4、5月の3ヵ月間は結婚することが禁止されていて6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になって一斉にカップルたちが結婚し、周りの人達からの祝福も最も多い月だったとする説。
  • ③ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続くため、溌剌とした季節の始まり、若者の季節と呼ばれ季節的環境がベストな月であり、加えて復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、6月の花嫁は幸せになれるとする説などがあります。

グーペ】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】

スポンサーリンク

結婚に至るまで

いま、おつきあいしている相手がいる方で、この先結婚をと考えている人も多いとおもいます。

中には相手の家族との同居や、住み慣れた場所を離れることになったり、と不安だらけ。

そんな時に「このまま結婚してうまくいくのだろうか?」と、誰もが思うことではないでしょうか。

そして「恋愛と結婚は違うもの」という人たちも多数います。

特に、親や既婚者の先輩たちからこういった意見をもらうことも多く、友人たちからは結婚そのものを否定する人も少なくありません。

これから結婚する身としては複雑な気持ちになってしまいますよね。

結婚するからには、結婚後もずっと幸せに暮らしてしていきたいものです。そして結婚前に相手を見極めることができたならば安心です。

自分たちは絶対に大丈夫!と自信を持っているカップルも、今後の長い結婚生活で二人の間に起きる可能性のある問題をあらかじめ知っておくことでそれを避けることができます。

例えば相手の欠点や性格、お金の使い方、将来親を見てくれそうかなど、よく話し合うことが大事かなとおもいます。お互いを知るためにも、少々喧嘩も必要かもしれません。

つき合っている時こそお互いにさらけ出して、それをお互いに許すことが出来れば、いいのかなと思います。

男性よりは女性の方が現実的です。男性の方が結婚に対しては意外と夢見がちなのかもしれないですね。

結婚とお金の問題

恋愛と結婚での一番の違い、それが「お金」です。

実際に、「結婚は安定した収入がないとできない」と答えた方は男性で5割以上、女性は6割以上もいるそうです。

恋愛の時はほとんどのカップルがお財布を別々にしているものです。

それが、結婚後は、子育て、家や車などの購入などと大きな出費が次々に増えていくため、お金に余裕がないとたちまち喧嘩の原因になります。

例えば借金などがあった場合その返済のめどが立つか、またギャンブルをやめたりすることができるかは、結婚前に確かめておかなくてはならないことです。

ほかにも、なかなか貯金ができない、価値観の違うお金の使い方も危険ですので、結婚前にしっかりと話し合っておきましょう。

バイク業界トップクラスの盗難保険・ロードサービス【ZuttoRide Club】

最後に

結婚はしたいなと思っているうちは、なかなか進まないものですが、ある時、誰かに背中を押されたように、急に動き始めます。

それからは一瞬で、あっと言う間に結婚まで到達します。

でもその一瞬の流れの中でも、マリッジブルーにもなり、相手と喧嘩になるときもあります。

でも、自分の人生であって、まずは経験してみよう。皆の言う通りなのか、それとも違うものなのか。それは、自分次第。

せっかく好きな人と結婚できて、これ以上幸せなことはないのですから(*^^)v

スポンサーリンク

 


コーセー ONE BY KOSÉ 薬用保湿美容液 1周年アニバーサリーセット