ちょっと怖い話|盛岡

ちょっと怖い話|盛岡

episode I

これは知り合いから直接聞いた話しなのだが、当時結構驚いた話しであるので書かせてもらう。

グーペ】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】

スポンサーリンク

それは知り合いが、盛岡市の開運橋という所で向こう側に渡ろうと信号待ちをしているときのことであった。

向かいで信号を待っている人が 7 〜 8 人ほどいるなかで、なんか一人だけ風貌のおかしな人がいるなー。と感じたそうである。

その知り合いは結構霊感がある人で今までにも何度も霊らしきものを見ていると言っていた。

そのひとは背が高くヒョロっとして、青白い顔をしていたそうで、知り合いにはどう見ても、なんか周りの人とは違うように見えてしょうが無かったらしい。

そうしているうちその背の高い人と目が合い、知り合いをこんどはジット見ていたということであった!

知り合いはなんかこれはやばいと思い(危ない人という意味ではない、でも違う意味で危ないかも゙…)目を合わせないようにしていた。

すると、信号が青に変わった。

知り合いはやばいと思いながらも、横断歩道を渡りはじめた。

そうしてついにその背の高い人がすれ違いざまに、

 “よくわかったな”

と小声で知り合いに言ったという。

その瞬間知り合いは背中が “ゾゾッ” としたそうである。

そして、その時知り合いも、いまのはやっぱりこの世の人?ではなかったな。と納得したのだという。

この例のように、この世にはいろいろな人?が普通に紛れこんでいるらしいのだ。

あなたの近くにも案外いるかもね (/ω\)

ではでは。

グーペ】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。