福祉車両から完全自動運転車の時代はくるのだろうか?

福祉車両から完全自動運転車の時代はくるのだろうか?

「福祉車両」とは

身体に障がいをもった方や高齢の方などが使いやすいように、いろいろな工夫が施されている車両のことを言います。

福祉車両には、「介護用」と「自操車」の2種類があります。

スポンサーリンク

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

介護車
介護車は、車の乗り降りをサポートする車で、介護される方だけでなく、介護する方にもやさしい車です。

身体になるべく負担を掛けないようにシートが回転したり、車いすのまま乗り降りもできるよう工夫されています。

自操車
自操車は手や足に障がいをもった方にも運転できるように、運転補助装置を取り付けた車です。

たとえば右手が不自由ならばウインカーを左で操作できるようにしたものとか、両足が不自由ならば、手で運転操作ができるものとか様々あります。

その人の身体の状態に応じた使いやすい機能や装備をすることで、運転する人は楽しみが生まれます。

福祉自動車には優遇制度もあります。
◯消費税の非課税
◯自動車取得税
◯自動車税の減免など、

それに加えて、各自治体による購入についての助成制度なども受けられます。

身体の不自由な方に対して、就労等で自動車を取得する場合、その自動車の改造に要する費用を助成するなど。

詳しくは、地区の役所または役場の福祉担当課に問い合わせてください。

また、ディラーだけでなく、一般の修理工場などでもその人にあった改造などを取り扱う所が増えてきました。

また、一部の自動車保険では福祉自動車割り引きなんかもあるみたいです。

私も脳卒中で倒れてから、ハンドルの旋回ノブと左ウィンカー、左アクセルを付けています。

でも、左ウィンカーがいまいち不安定でたまに怖いときがありますので、安全に運転できるパーツを付けようと考えているところです。

 

 

完全自動運転車をつくるためにグーグル、トヨタなどがしのぎを削っているが、まだまだ問題は沢山ある。さらにわが国には200万人のトラック、タクシーの運転手がいるという。その人たちは完全自動運転車となればこれもまた大変なことだろう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。