占星術|人生の羅針盤を求めて

占星術|人生の羅針盤を求めて

人生の羅針盤を求めて

14〜5歳のころ占いがすきで、特に西洋占星術にはまり自分でもホロスコープを作り見たりしていたが、13歳で大きな病気をしたことが、大きな原因だった。

自分はこの先どうなるんだろう? という漠然とした不安から自分の運命というものがわかるものだろうか? わかるなら知りたいと思い少しずつ勉強したが、途中で挫折してしまった。

でもある程度の知識でも、今でも多少役にはたっている。

そのころの気持ちはいまでも続いているんだろうと思う。

スポンサーリンク

そして今でも、朝、TVなどの今日の運勢とかもあいかわらず気になってよく見ている。

私のチャートにはタイトではないがグランドクロスがあり、厳しい運命なんだなー。と当時思っていたが、だんだん年をとるにつれ、確かに楽ではないが、経験は人より積むことができるのではないか? そのぶん大きな人間になれるのではないか? と、前向きに考えるようになった。

 

グランドクロス(Grand Cross)は、西洋占星術におけるグループ・アスペクトの1つで、黄道十二宮上で4つの惑星が十字型に並ぶ配列を指す。 … 西洋占星術では、地球を挟んで2つの惑星が反対側に並ぶ衝(オポジション)と、ある惑星と地球と別の惑星をつないだ角が90度になる矩(スクエア)が、不吉な星の配置とされている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/グランドクロス

今では、目先の幸、不幸に左右されるのではなく、人間万事塞翁が馬の如くであり、幸運が不幸に変わったりするのが人生であり、運命とおもっている。

運命も人生も自分次第で変えられるのだ。

さらにそれを超越した、占いに左右されない境涯になれればと思う今日この頃である。

★送料無料★女性100人の声から生まれた葉酸サプリ!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。