『グッド・ドクター』|考えさせられたこと

『グッド・ドクター』|考えさせられたこと

面白かった『グッド・ドクター』




7月12日(木)午後10時より放映されたドラマ『グッド・ドクター』を何も知らずに見たのだが、予想以上におもしろかった。

主人公が自閉症のドラマなのだが、はじめ自閉症の新堂湊(山崎賢人)のことをあんな奴とか言って、大丈夫かな? 苦情とか来ないのかと思ったが、それとは別にどんどんドラマに引き込まれていった。

山崎賢人が演じる新堂湊は、自閉症スペクトラムでコミュニケーション能力に障害がある一方で、驚異的な暗記力を持つサヴァン症候群の研修医である。

山崎賢人は初の医師役で、しかもサヴァン症候群という難役に挑むということで注目も集まっているのだという。

さらにストーリーがすんなり入ってきて、小児外科での家族模様には涙する場面もあった。

韓国ドラマのリメイク版だった

ネットで調べたら韓国ドラマのリメイク版だそうである。

さらに、日本より先にアメリカでもリメイクされている。

アメリカ版『The Good Doctor』は全米視聴ランキングで毎週トップ10入りを記録したそうだ。今秋にはシーズン2の放送を控えているという。

これは韓国ドラマ史において大快挙で米国版成功を探る動きがいまだに続いているという。

そういえば、坂口健太郎主演の『シグナル』も、おもしろく見させてもらったが、最近韓国のドラマのリメークが続いている。

さらに上野樹里も、韓国人に親しまれる日本人女優の一人で韓国でも注目されているようだ。

上野樹里の代表作である『のだめカンタービレ』は韓国でも有名である。

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

スポンサーリンク

 

今後の展開に期待

『グッド・ドクター』の 韓国版は障がい者との差別を、米国版は障がい者と人種の要素を扱っているが、日本版はどういう解釈をするのか? このドラマを通し、まだまだ障がい者に対する偏見もあるこの社会で、 ノーマライゼーションの理解がより進むことを期待している。

「ノーマライゼーション(Normalization)」とは,障害者(広くは社会的マイノリティも含む)が一般市民と同様の普通(ノーマル)の生活・権利などが保障されるように環境整備を目指す理念です。

こういうとすばらしく聞こえますが,逆にいえば,このような思想が出る背景には,障害者を取り巻く環境は,普通ではなかった(アブノーマル)ということなのです。

ただ、ドラマとしても今後のストーリーがどう展開していくのかが楽しみである。

韓国やアメリカ版がそうだったように、日本版『グッド・ドクター』も、社会になんらかの影響を与えるドラマとなってほしい。

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。