お中元の由来は?|お世話になったあの人に、感謝の気持ちで。

お中元の由来は?|お世話になったあの人に、感謝の気持ちで。

お中元の由来は?

お中元の起源はもとは古代中国の星祭りの一つで、「上元」1/15、「中元」7/15、「下元」10/15にあり、この三つを「三元」といい火をたいて神様をまつった風習にあります。

この中元が仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結び付き、日本においては先祖の霊供養のときに親類などへお供えものを配るということが習慣となっていきました。

それが親類やお世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈りものをする習慣へとなり、お中元を贈る風習が定着しました。

スポンサーリンク



お中元を贈る時期と相手

「お中元」を贈る時期は、地方によって異なるところもありますが、7月初旬から7月15日までとされているのも中元(7月15日)の由来からでしょう。

地方別のお中元の時期
まず、関東が7月15日までがお中元の代表的な地方です。

京都などの西日本の方へ贈る場合は、15日を過ぎても「御中元」でOKなのだそうです。

関西は関東より一月遅くお中元の時期になるそうです。

関東は6月初旬から7月中旬くらいまで。京都、大阪、奈良などの関西圏や、九州も東北も同じく旧暦が基本なので、むしろ新暦で行う関東だけがちょっと違うのかもしれませんね。

贈る相手については、ご両親、親戚などのほか、恩師、先輩、仲人、上司、お得意様、などお世話になった方です。

お中元は誰に贈らなくてはいけないというものではありませんから、贈りたいという真心を大切にしてはいかがでしょう。

ちなみに、贈り物のタブーとしては、身内以外の異性に肌着や寝間着、アクセサリーなどを贈ることです。お気をつけて。

グーペ】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。