夏だからこそ食べたい旬のトウモロコシ|レンジでチン!

夏だからこそ食べたい旬のトウモロコシ|レンジでチン!

安くて新鮮、産直・無人販売

岩手にはたくさんの産直がある。

今の時期は野菜が豊富だ。でも今年は野菜の出が少し遅いような気がする。

もしかしたら、この猛暑のせいで、野菜も夏バテなのか。

各農家の人が畑や家の前に置く無人販売にも、あまり並んでいないような気がする。

でもお盆も近くなればまた、いつものように並ぶことを期待している。

私はこの時期、野菜を買う時は、無人販売や産直を利用する。

新鮮でしかも100円。大根やキャベツが大量にとれると、2個で100円で売られる。

お盆になると花も出動する。無人販売だとりんどうや盆花、ゆり等も一束200円程度で売られる。

お墓に備えるには十分なくらいの量だ。

早い者勝ちだから、すぐに売れ切れる。朝早くがオススメだ。

スポンサーリンク

恐るべし電子レンジ

今日は、雨で気温は23度。産直に行ってみた。

なす、トマト、いんげん、トウモロコシと並んでいた。

早速、今の時期が旬のトウモロコシを買ってきた。
トウモロコシ一本90円税込み。

品種は「ゴールドラッシュ」。甘さが強いと書いてあったので、期待大。

いつもは、大きい鍋で茹でてたが、ガス代がかかる。

ネットで調べると、「電子レンジで5分!」 と書いてある。

まさかぁ~。茹でるときは20分はかかる。5分?

まずは葉っぱをとり、ひげを取って洗う。

その水滴はついたままがいいらしい。そしてラップに包んで5分。

チーン! 熱くてもてない。煮えたか見ていると、粒がポロッ!

すごい。電子レンジ恐るべし!

しばらくはラップに包んだまま、蒸らすとよいらしい。

それでは実食。美味しい、味が濃いような気がする。

これがゴールドラッシュか。実がはじからはじまで揃って隙間なくみっちり。オススメだ。

トウモロコシ農家の人は、取り立てのとうもろこしの〝ひげ〟も食べるらしい。

ひげを綺麗に洗って、茹でる。綺麗な緑色になるらしい。

それを切って鰹節をかけて醤油で頂く。トウモロコシの甘さがひげにもあって、美味しいみたいだ。

新鮮なトウモロコシは、品種にもよるだろうが、生でも食べれるようで、ぜひ食べてみたい。

何年か前に北海道に行って大通り公園に行ったとき、焼トウモロコシが屋台で売っていた。

さぞかし美味しいだろうと、買ってみたのは良かったが、熱くて、思わず手から落としてしまった。

あれはすごくショックだった。また買うのもなーと思い、主人のトウモロコシを半分食べたが、落としたショックの方が大きくて味がよくわからなかった。

あと、有名なのは、青森の「嶽(だけ)きみ」。盛岡のスーパーでは、嶽きみの通信販売もこの時期やっている。

かなり美味しいらしい。青森県嶽地区で作られている。1本200円位のようだ。

これもぜひ食べてみたい。

岩手というか盛岡では「トウモロコシ」を「キミ」という。

小さいころは私は、キミと言ってて、それが方言とは最近知った。

その土地によっては「キビ」「トウキビ」「トウキミ」など沢山の読み名があるようだ。

-今が旬のトウモロコシ-。

 電子レンジでチン! はかなりオススメ。ぜひご賞味あれ~!
カリウムが心配だからオレは半分かな。

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。