禅に学ぶ、大勇猛心と大信心

禅に学ぶ、大勇猛心と大信心

白隠さんの叱咤激励

私たちは、長くもない人生で、どうしょうもない無常感を感じたことはないだろうか?

昔、山梨県の菴原(いはら)というところに平四郎という男がいた。

ごく平凡に暮らしていたが、あるとき、滝つぼの水を見てどうしょうもない無常感に襲われた。

滝の水がごうごうと音を立てて落ちる。そうして生じた泡が浮かんでは消え、消えては浮かぶさまを見て、人生と同じではないかと、いたたまれなくなった。

そして、一大決心をして、浴室にこもり、自己流の座禅を始めた。

初めのうちは妄想に悩まされたが、なにくそと頑張ったのである。

明け方ふと我に返ると自分の体がまったく無い。やがて体の感覚は戻ったが、こんな具合に座禅をまる三日間続けたあとの朝、見るものがいつもと違っていた。

変だと思い、白隠さんを訪ね、見てもらうと『見事に見性している』と認められたのである。

白隠さんは、弟子たちに、この男のようになぜ勇猛心を起こさないのかと、ハッパをかけている。

理屈はいらない、方法とて自己流でかまわぬ。とにかく『なにがなんでも!』という大勇猛心さえあれば、初心者でも思わぬ境地に到達できる。と、説いている。

スポンサーリンク

大信心の重要性

悟りに至るには、信じ切る大信心も欠かせない。

この『信じ切る』ということについて、ある説話がある。

大麦小豆二升五升・・・あるところに、念仏で病気をなおすというお婆さんがいた。

からだの悪い人に出会うと、悪い部分に手を当て、『大麦小豆二升五升(おおむぎしょうずにしょうごしょう)』という不思議な念仏を何回か唱えるのである。

すると病気の人が快方にむかうのである。

ところがある坊さんが、このことを聞きつけて『そんなことが、あるのか』と色々調べてみた。

そして、『金剛経』の一節に『応無所住而生其心(おうむしょじゅうにしょうごしん)』とあることを発見したのだった。

そして、おせっかいにも、お婆さんに『応無所住而生其心というのが正しいんだよ』と教えてしまったのである。

お婆さんは、素直に納得したのだが、どういうわけか、お婆さんの念仏は病気に、まったく効かなくなってしまった。

これなどは、不思議な話ではない。

以前のお婆さんは、信じ切っていたから、無心に念仏を唱えることができた。

お婆さんの無垢な心が相手にも通じたのだ。

だが、坊さんの入れ知恵でお婆さんの心に迷いが生まれたのである。

信じ切っていない心でいったい何を生みえよう。

悟りにいたるには理屈、かたちなどではなく、大信心と大勇猛心がまず欠かせないのだと思った。 

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。