カゴメ甘熟トマト鍋スープ|濃厚スープで秋冬オススメ鍋レシピ

カゴメ甘熟トマト鍋スープ|濃厚スープで秋冬オススメ鍋レシピ

カゴメ甘熟トマト鍋スープ、秋冬オススメ鍋レシピ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

食欲の秋、到来!

そろそろ秋。といっても岩手もいまだに30度になることがある。

でも夕方になると秋だなと感じる。

春夏秋冬、季節の変わり目になると、季節の匂いの変化に気づく。

今はまさに、夕方になると秋の夕方の匂いがする。

そうやって匂いで季節を感じる。

仕事から帰る途中に家々の前を通ると、夕飯の支度で、魚を焼いている匂いがする。

秋だからさんまでも焼いているのかなと想像しながら、家に着く。

今日の我が家の夕飯は半年ぶりに「鍋」にした。

美容と健康にいいトマト鍋

一番のお気に入りはカゴメ「甘熟トマト鍋」。

これは美味しいの一言。

トマトの赤色で鍋に色がついてしまうので、ちょうどトマト鍋専用の鍋がホームセンターに売っていた、それを購入。

鍋自体がこげ茶色。蓋は赤色。

これで、トマトの汁が染まっても安心。

材料は、キャベツ2分の1個・しめじ1袋・玉ねぎ1玉・ナス2本・大根は5センチ位・ウィンナーお好み・豚バラ(鶏でもOK)お好み。

あとはブロッコリーでも良し、好みの野菜を入れて。

最初に私は、豚バラの油を少し落としたいので、鍋でサッと茹でる。

そして、鍋に大根など硬いものから入れて、材料を投入する。

トマトスープを振ってから、あふれない程度まで鍋に入れる。
3分の1位は残しておく。最後にシメでトマトリゾットを作るため。

あとはグツグツ煮たら出来上がり。

我が家では卓上コンロが怖いので、よく旅館に行くと一人用鍋についてくる、ロウで燃やすコンロを使用。

ロウはダイソーなどで3コで100円で売っているもの。

最初は味がまだ浅いが、だんだんとトマトが煮詰まっていくと、野菜からのだしとマッチして、深くコクのある味わいとなっていく。

そのキャベツと玉ねぎがなんとも美味しい。

ウィンナーも赤くコーティングされ、ケチャップをつけたウィンナーでこれもまた美味。

煮詰めてもしょっぱくはならないし、煮詰まれま煮詰まるほど、深まるコク。

「うめぇっ」本当に美味しいとその一言しかでない。

そして、ごちそうさまの前に最後の〝シメ〟

残ったスープと最初に残しておいたスープを混ぜ、ご飯を入れる。

ドロドロになってきた所に、スライスチーズを3枚のせて蓋をしめる・・・・

食卓まで運ぶこと、10秒。

蓋を開けると、チーズが溶け合う『リゾット』が完成。

まさしくケチャップご飯。これにチーズの前に溶き卵を入れれば、ふわとろオムライス!完成。

袋の裏に「シメはオムライス」の写真があるが、まさしくそのもの。

前に一度、ご飯ではなく、スパゲッティを入れてみたことがあるが、甘いだけでもうちょと塩加減が必要かも。コンソメとかを入れてみればよいのかも。

それはそれで美味しいが、やはりシメはリゾットと確信した。

塩分も他の鍋と比べると、40パーセント少ない。ましてトマトは美容と健康に良い。

絶対オススメ。

スポンサーリンク

ほんだし『豚バラ白菜の重ね鍋』

スーパーに並んである、鍋スープの素の種類は季節ごとに新登場もあり、数多くなってきた。

ちゃんこ鍋、坦々鍋、キムチ鍋、豆乳なべなど。そして出汁にこだわったものまで色々だ。

我が家はトマト鍋の他に、はまったのは、小栗旬さんが美味しいそうに食べている『豚バラ白菜の重ね鍋』。

ほんだし一つで美味しいのかなと疑問に思い、食べてみたら、薄味だけどあっさりしてこれもまた美味しかった。

これも我が家の定番。

白菜とバラ肉を交互に重ね、一口サイズに切って鍋に敷き詰める。

その上に、ネギと細かく切った生姜をいっぱい上にのせ、ほんだしをといた水をいれ、白菜が煮えたら完成。

一度、味が薄いと思い、白だし醤油を入れたら、味が分離してしまい、失敗。

やはりほんだしのみが一番おいしい。

生姜をいっぱい入れることによって、からだもポカポカで風邪予防にもなる。

ぜひ、まだ食べたことがなければオススメ。

ことしは『トマト鍋』と『豚バラ白菜の重ね鍋』をおためしあれ~。

ことしの冬も鍋で心も体も暖かく過ごしたいな。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。