会社の年に一回の健康診断|案外バリウムは美味しい

会社の年に一回の健康診断|案外バリウムは美味しい

年に一回の健康診断

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

 

会社の健康診断。毎年この時期に行われる。

私は、会社で何か行事があると、朝からワクワクする。

いつもと違う時間の流れが新鮮に感じる。

今日も健康診断という楽しい行事ではないけれど、私から見ると、会社の人たちもいつもよりも開放的で、和気あいあいとしていたように感じた。

前の職場の時は、年齢が高い人が多かったので、レントゲン車には、ランニングシャツを着た職員がズラッと並んでいるのを見て、お父さんがいっぱいいると思ったものだ。

でも今の職場は紳士な人が多いので、その姿すら見えない。

この差は一体どこからくるんだろう・・・。

健康診断が近づくと心配になるのが、前々から渡される大腸がんの検査の容器。

いつもちゃんと2日間とれるか心配になる。

でもなんとか今年も無事終了。

あと驚いたのは、尿検査だ。今までは会社に行ってから、尿を採った紙コップを提出していたのに、今は自宅で当日の朝一番の尿をスポイトで採る形になっていた。

スポイトに〝ここからここまでの間に入れる〟とあるが、これがまた難しい。

なかなか思うに吸えなくて、朝5時から悪戦苦闘だった。

準備はOK!

私は、35歳以上なので「胃部X線検査」あり。

まずは受付を済まし、身長と体重。そして血圧。視力検査。血液採取。ベテランの看護師さんだったのか、痛くなくホッとした。

その後、時計の前に座り、5分は安静とのこと。これも新しいことだった。

次は「腹部超音波検査」これも始めてだった。横になり、エコーでお腹や脇など入念に検査。

検査員の手が止まると、ふと「もしかして、何か異常?」と不安になる。

これも無事終わり、心電図、内科、聴覚と進み、X線も終わり、次はいよいよバリウムだ。

スポンサーリンク

空腹の時はどんなものでも私にとっては一級品だ!

検診の間、皆と話していると、バリウムは皆飲むと思いきや、受付で断ったと。

「えっ?断れるの?」それにも驚き。でも私は、何かあってからじゃ嫌なので、私はきちんと受けようと思った。

行ってみると、やっぱり、ガラガラ。私一人。

でも私は「バリウム」は嫌いじゃない。

昨日の8時から何も食べず飲まずで、超空腹状態。のども乾いている。

そんな状態な私に、検査員の方は「これ飲んで下さい」と一言。

「ありがとう」と言いたくもなる。

私が初めてバリウムを飲んだ頃よりは、大分量も少なくなったように感じる。

まずは、粉の炭酸を口に含む。そしてバリウムで炭酸を流す。

半分をまず飲んでから、台に乗る前にまた半分。

のどが渇いているのとお腹がすいているのが合わさって、美味しく感じる。

程よく甘く、ドロドロしているが、味としてはひな祭りの時に食べる「ひしもち」の味。「ういろう」にも近いかな。

必死にゲップが出るのを押さえながら回転。

「右」と言われても「えっどっち」と思うくらい、いつも焦る。

なんやかんやでこれも無事終了。

これで健康診断終了。

約1時間だが、今年も終わったという感じ。

あとは1か月後の結果待ち。

長く感じるが、よっぽと悪い所があれば、電話で直接くるみたいだ。

年に一回だが、健康診断は本当に大事だ。

私は今まで大きい病気はなかったが、1度入院したことがある。

それは35歳でなった〝水疱瘡〟。

大人になってからの水疱瘡は危険と言われ、約2週間入院。

症状は軽く収まったので安心した。

元気でいることを当たり前にせず、大事にしていこうと思う。

1年増しに体力が衰える今、ずっと元気でいたいものである。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。