運を良くするには?

運を良くするには?

運を良くする

良く運がいいとか悪いとか言いますが、運を良くするにはどうすればいいのだろうか?

運を良くするにはまず、何が自分には必要なのかをはっきり“意識“しないと的が定まらないのだそうだ。

妊娠を希望する方、妊娠中・授乳中の方にオススメのやさしい葉酸サプリ♪

スポンサーリンク

 

自分が何を必要としているのかをしっかり意識して無意識の奥にまでたたきこむ。

それには、たとえば、赤を意識しながら車に乗っていると普通であれば目に入らない赤いものが、どんどん目にとびこんできます。

あれっと思うほど、とびこんできますから、一度試してみてください。

これは運でも同じことで、自分が欲しいものが具体的になった瞬間に、そのものが次々と目に入るというわけです。

そうすれば、しめたものです。だんだん意識に染み込んで、目に見えやすくなり、さらには手に入りやすくなってきます。

幸運は減らない

その時ひとつ大事なことは、幸運は決して減ってはいかないということを自ら納得することみたいです。

よく良いことがあると、運を使ってしまったー、とか考えてしまう人もいますが、非常にもったいない考えらしい。

幸運は減ったりするものではなく、そう思う心が運を遠ざけているようです。  

旅行に行こう

あと、旅行をすることは運を良くするのにとても良いことみたいです。

なぜ旅行に行くと良いのかというと、旅行は慣れない場所に行くことから、いろいろな思ってもいない経験をするからです。

普段の生活の中にいると、同じ脳の使い方しかしないためにチャンスが来ても、なかなか目に入ってこないため気づかないのだそうです。

よくチャンスの神様は前髪しかなくて、チャンスがきたと思ったら、すかさず掴まないといけなくて、通り過ぎてからでは掴むことができないといいます。

体に染みこんでしまったことをするとき、ほとんど脳は働かず、目をつむった状態に近いのだそうです。車で会社に通うような感じがその例です。

だから慣れないことをどんどんやることが運を良くする秘訣らしい。

慣れ親しんだ所から一歩外に出ると、脳が覚醒して視界が開けていくみたいです。 

妊娠を希望する方、妊娠中・授乳中の方にオススメのやさしい葉酸サプリ♪

陰徳を積む

あと人を喜ばせると運がついてくると言われます。

トイレ掃除なども良いとよく聞きます。

誰も見てないところで掃除をしたり、そっと寄付をして、そのことを誰にも言わなかったりすることも良いでしょう。

それを陰徳といって、とても大切なんだそうです。

それが見えない世界を輝かせるのかもしれません。

初めはちょっとした良いことでも、意識して行うことで、それが巡り巡って、より大きな幸運となって帰ってくるみたいですよ。

では。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。