来春の花粉状況|東日本を中心に大飛散の予想、岩手県は1.4倍の予想

来春の花粉状況|東日本を中心に大飛散の予想、岩手県は1.4倍の予想

来春の花粉状況は東日本を中心に大飛散の予想、岩手県は1.4倍と予想

気象情報会社『ウェザーニューズ』は1日、2019年春のスギとヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉飛散予測を発表しました。それによると全国平均で平年の6割増となり、花粉飛散量が少なかった18年比で2.7倍に達する見込みだということでした。

スポンサーリンク




岩手県の来春の予想では、今年の夏は暑い日が続き、スギ花粉を発生するのに好条件だったため、今年の4割増となる見込みのようです。

花粉の飛散増加で、花粉症の方は十分注意し、早めに医療機関などの対策をするよう呼びかけている。

全国的にみて大量飛散が予想されるのは、東北南部、関東甲信、北陸、東海、近畿、山陰。山陽と九州北部は平年よりやや多く、北海道と東北北部、四国、九州南部は平年並みの予想。

特に関東での飛散量が多いと予想され、埼玉県は約3倍、東京都、神奈川県、栃木県などは2倍ほどとみているということである。

これまで大丈夫だったひとでも、いつ発症するかわからない花粉症はいったん発症すると、目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状が一日中続き、からだがだるくなったり仕事に集中できなくなったりと生活、仕事に大きな影響を及ぼすとされています。

日本人の花粉症はスギ花粉がアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が多くを占め、春先に症状がでる場合はまずこれであるといっていいようです。

しかし、マツやブタクサなどのアレルゲンやハウスダストなどもありますので、自分がアレルギー体質なのかを見極め対策をとることがたいせつです。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

花粉症で悩んだことのあるかたは

症状がでる前に基礎療法を行う

アレルギー物質が作られるのを押さえて、アレルギー反応自体を押さえ眠気のない薬が開発されています。しかし、これらは作用を発現するまでに2週間以上かかり、すでに現れた症状を消す力は弱い薬剤です。つまり、花粉が飛び始める2週間前には薬剤を服用し始めなければならないため、タイミングが難しい一面があります。

1.1月上旬までに検査
2.1月中旬より抗アレルギー剤の内服開始
3. 症状の強い時期に抗ヒスタミン剤や局所治療薬(点鼻、点眼)の併用

この治療で、スギ花粉による症状は無治療や治療が遅れた方よりもはるかに軽症ですむと思います。なお、症状は年毎の花粉量やあなたの体質の変化などにより変わりますので、昨年・一昨年との比較は意味がありません。

出典:
http://www.saishinkai.com/report/report05.html

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。