関ジャム完全燃SHOW|プロが選んだ「実は歌うのが難しい曲」とは?

関ジャム完全燃SHOW|プロが選んだ「実は歌うのが難しい曲」とは?

プロが選ぶ歌うのが難しい曲とは?

スポンサーリンク

プロ目線の難しい曲を徹底検証する!!!! 検証するプロのゲストは今井マサキ、浦嶋りんこ、YURI。

今井マサキさんとは…松任谷由実、吉田拓郎、矢沢永吉、郷ひろみなどを担当。

浦嶋りんこさんとは…DREAMS COME TRUEのコーラスを担当。

YURIさんとは…久保田利伸(アジア最高の女性シンガー)と絶賛。ダイアナ・ロスなど海外アーティストのコーラスも担当。

★プロ目線 難しい歌のポイント★

音程がとりにくい曲

今井さんが選んだ曲…槇原敬之「冬がはじまるよ」
 ポイント…サビの「冬がはじまるよ」の「冬が~」の音はド・ソ・ド・ソと同じ音の繰り返し。シンプルだけど2回続くのは実は難しいことなんです。

浦嶋さんが選んだ曲…DREAMS COME TRUE「サンキュ.」
 ポイント…ミディアムテンポの曲なので聞いていると、ハードルは低めかと思いきや、音程が微妙な上がり下がりをしていて、実は難しい。

YURIさんが選んだ曲…オフコース「さよなら」
 ポイント…メロディーや言葉はシンプルで、歌いやすそうですが、Aメロの語りっぽい部分からサビでのシャウト、この変化をスムーズに聴かせるのは実は難しいのです。

☆番外…スキマスイッチ「全力少年」
 ポイント…サビでのメロディーの起伏が激しく、音程をキープするのが難しい。何度も聴きこまなければ、この複雑なメロディーは歌いこなせないでしょう。  ※スキマスイッチはあえて難しくつくったと本人が言っていた。

キーが高い曲

今井さんが選んだ曲…秦基博「鱗(うろこ)」
 ポイント…聞いている限りスムーズに歌っていますが、キーがとても高く大変。サビのハイトーンがただでさえ大変なのに、そこをノンブレス(息継ぎなし)で歌う。これって、実はとってもスゴいんです!!

浦嶋さんが選んだ曲…Superfly「愛をこめて花束を」
 ポイント…サビは高い音域が繰り返されるので、ノドで歌っているとすぐに声が枯れてしまうし、音程を外しやすい。効率よく息を声に変えて歌う必要があります。

YURIさんが選んだ曲…JUJU「奇跡を望むなら…」
 ポイント…全体的にキーが高くて大変。この曲をしっかり歌うためには、安定感が必要になってくる。

リズムが難しい曲

浦嶋さんが選んだ曲…久保田利伸「Missing」
 ポイント…ミディアムテンポで、歌いやすそうに見えて実は難しい。曲全体がレイドバックで構成されている。  
※レイドバック(ためて歌う)

YURIさんが選んだ曲…AI「パピネス」
 ポイント…ヒップホップとR&Bを合わせたような独特なリズム。伴奏がリズミカルなのでテンポが走ってしまいがちになる。

スポンサーリンク


言葉が多くいいづらい曲

今井さんが選んだ曲…Mr.Children「名もなき詩」
 ポイント…大サビ前の早口パートは言葉数も多く、しっかりと歌いきることは難しい。ここで失敗してしまうとラストに大きく影響するので、絶対に失敗は避けたいところです。

YURIさんが選んだ曲…山口百恵「プレイバックpart2」
 ポイント…歌詞量が多く、ひとつ間違えると立て直しが難しい。しかも早口なのでリズムが前のめりになりサビを失敗しがち。

世界観の表現が難しい曲

今井さんが選んだ曲…MISIA「逢いたくていま」
 ポイント…MISHAさんはこれだけのテクニックを駆使してもひけらかしている感じが全く無く、歌声・技術を全て表現に昇華。卓越したシンガーだと思います。

今井さんが選んだ曲…矢沢永吉「アリよさらば」
 ポイント…このメロディーはBOSSの声しかはまらない。音域の高さはもちろんですが、もう上手いとか下手とかを超越した歌声だと思います。

浦嶋さんが選んだ曲…サザンオールスターズ「真夏の果実」
 ポイント…桑田佳祐さんは自分の声質をよく理解していて、その声じゃないと成立しないものを作っていると思う。桑田さんの声だからこそグッとくる。

浦嶋さんが選んだ曲…久保田利伸「Indigo Waltz」
 ポイント…譜面通り歌ってしまうと、歌詞の持っている切なさが表現できない。この曲の世界観を表現するには抑揚が必要。そういった抑揚をつけられるのが久保田さんの天才的なところ。

YURIさんが選んだ曲…加山雄三「君といつまでも」
 ポイント…81歳とは思えない音域。こんな人は他に見たことがありません。加山さんは恐らく生まれもった何かがあるんだと思います。

トークJAMでは…
 普段よく耳にしている、あんな曲やこんな曲。聴いているだけでは気が付かないが、カラオケなどでいざ歌ってみたら、意外と難しかった。そんな経験ありませんか?
 歌のプロである、コーラスシンガーやシンガーソングライターにアンケートを実施し、プロが歌っても「実は難しい曲」を紹介!普段みなさんがカラオケで何気なく歌っている耳馴染みのある曲も、実はプロから見ると難しい曲が含まれていた!
 今回、吉田拓郎や松任谷由実、矢沢永吉のコーラスを務める今井マサキ、DREAMS COME TRUEのコーラスを務める浦嶋りんこ、久保田利伸が「アジアで最高の女性シンガー」と絶賛する、国内外で数多くの有名ミュージシャンから信頼されるYURIの日本を代表する3人のスゴ腕コーラスシンガーがスタジオに登場。プロが「実は歌うのが難しい曲」の数々を徹底解説します!
 プロ目線で見た、歌うのが難しい曲をポイント別に紹介。難しいポイントと歌い方のコツを実演を交えて解説します!さらに、そんな難しい歌を歌いこなすアーティスト達の凄さを解き明かします!
ジャムセッションでは…
 加山雄三の「君といつまでも」をコーラス今井マサキ・浦嶋りんこ・YURIとボーカル大倉、ギター安田、キーボード村上でジャムセッション!加山雄三の声の世界観が凝縮された難曲に大倉がボーカルで挑戦!今井・浦島・YURIの豪華コーラスとのハーモニーにも注目です!

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。