関ジャム 完全燃SHOW  【ジャンルごとにこんなに違う!?クラシック・ジャズ・ポップス ピアニスト特集!】

関ジャム 完全燃SHOW  【ジャンルごとにこんなに違う!?クラシック・ジャズ・ポップス ピアニスト特集!】

ジャンルごとにこんなに違う!?クラシック・ジャズ・ポップス ピアニスト特集!

スポンサーリンク




今回は、関ジャムではお馴染みのクラシックから清塚信也、世界中で数多くのアーティストと共演する世界のジャズピアニスト山中千尋、スタジオミュージシャンとして多くのアーティストを支えるポップスピアニスト紺野紗衣の各ジャンルの一流ピアニストが集結!

ピアニストはジャンルによってこんなにも違う!?その驚きの違いに迫ります!

実は、ジャンルが違うとそもそも基本の楽譜から違うと言うのだが本当なのか? その違いやその理由から各ジャンルの“演奏スタイルの特徴”が明らかに!

検証 ジャンルによって何が違うの?

クラシック・ジャズ・ポップスの違いとは?

3ジャンルのピアニストがナマ実演。

クラシックピアニスト
清塚信也

ジャズピアニスト
山中千尋

アメリカ・バークリー音楽大学を主席で卒業。
世界のジャズ界を牽引するピアニスト

ポップスピアニスト
紺野紗依

一青窈・森山直太朗・山崎まさよし・RADWIMPSなど

クラシック・ジャズ・ポップス
ジャンルが違うと・・・
楽譜が違う。

クラシックの楽譜

クラシックは一挙一動全て指定している。
200年前の楽譜1枚から全てを再現する。

再現の芸術。

ジャズの楽譜

右手しか書けない。
自由な演奏のため右手のみ&情報少
複雑な不協和音が入っている。
ベースやドラムが入れる隙間をあえて作る。
言葉よりも音の方が深く伝わる。

ポップスの楽譜

メロディが指定。
コードの部分はフリー。
楽譜を渡され2テイクでアレンジを決める。

スポンサーリンク





他ジャンルからみたスゴさとは?

クラシックピアニストのココがスゴイ!

楽譜通りに完全再現する
知識と技術
楽譜から時代背景・人物像・メッセージまで読み解く。
間違えられないプレッシャー!
落語と一緒!!全部覚えている。

ジャズピアニストのココがスゴい!

アドリブ力
アレンジ力
即興も適当ではなく音楽理論を守った演奏
ジャズ⇛崩しの美学
崩し方にセンスがでる。
即興で作り上げるドラマ。
同じ演奏は二度とできないアドリブはデタラメなようで色々決まっている。

ジャズのヒミツ
事前の決めナシで各パートがテーマに戻る。

アドリブ
原曲を即興で変化

アレンジ
原曲を元にメロディー、ハーモニー・リズムなどを緻密に作りこむ。
ミスはあえて繰り返し、演奏を成立させることも。

ポップスピアニストのココがスゴイ!

シチュエーションごとに全く違うアレンジ

ソロボーカル
ボーカルを引き立たせる。弾き語り風アレンジ
音数の少ないピアノ

大勢で歌う
テンポがとりやすい、合唱アレンジ
リズムを強調したピアノ
コードだけを見て状況に合わせたアレンジ
一番大事なのはリズムキープ!
リズムがブレちゃダメ。
いくら遅くても同じテンポで弾ける。

クラシックはメロディーの揺らぎ>リズムキープ
禅のような作業!

ジャズはどんな楽器でも一緒に演奏できる。

トークJAMでは…
 これまでピアノの魅力について、クラシックを中心に番組では迫ってきたが、ピアノと言えばクラシックからジャズ、ポップスなど様々なジャンルに馴染みの深い楽器でもある。そこで、今回はジャンルごとにピアニストの演奏などは違うのか?どんな違いがあるのか、豪華ピアニストたちが集結し違いと魅力に迫ります!

スポンサーリンク





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。