手足の冷え性に効く温めかたとツボ|ヒルナンデス!での温活も

手足の冷え性に効く温めかたとツボ|ヒルナンデス!での温活も

手足の冷え性に効く温めかたとツボ。ヒルナンデス!での温活も

スポンサーリンク




以前テレビでツボに針を打つ麻酔での手術をみて、ホントかな? とおもったが、その時腹部を開かれてるにもかかわらず、患者は意識があり、なんと会釈をしていたのをみて驚愕した。

鍼麻酔による手術は実用可能か?【2011年久しぶりの心臓手術で有用性を示した】

鍼麻酔による手術は,1958年に中国で初めて報告されました。その後,この技術は中国全土に広がりを見せ,1970年頃までには26の地域,203施設で,5万7000件を超える手術が行われていたと報告されています1)。

1971年,新華社通信が鍼麻酔による手術を大々的に報じるとともに,ニューヨーク・タイムズやわが国の新聞にも同様の記事が掲載されることになります。

中でも最もセンセーショナルだったのが鍼麻酔による心臓手術でした。患者は意識のある状態で開胸手術を受け,胸が開いた状態で医師と会話もできました。

意識があり自発呼吸できる状態で手術が行われたのは事実ですが,決して鍼麻酔だけで手術されたわけでないことは強調しておきます。

方法ですが,頸部,耳,額,四肢など,様々な部位の経穴が選択されています。下肢では,懸鐘(下腿外側,腓骨前方,外果尖の上3寸),陽陵泉(下腿外側,腓骨頭前下方の陥凹部),上肢では,列欠(前腕橈側,長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の間,手関節掌側横紋の上1.5寸),郄門(前腕前面,長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間,手関節横紋の上5寸)などの経穴が多く用いられました。

当初は,鍼を刺入した後,上下に動かしたり,回転させたり,手動で行っていましたが,鍼を電気的につなぐ鍼通電療法へと移行していきます。痛覚を感じなくなるまで数十分~数時間,刺激し続けます。

出典:https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=7695

スポンサーリンク





私は脳出血を患って、手足が冷たいのが今の悩みのひとつであるが、ヒルナンデス!でも冷え性の特集をやっていたので紹介します。

元気になりたいんデス!
冷え性はおブスの始まり!?温活で若々しくなりたいんデス!

本当は怖い冷え性
レベル1 末端冷え(手足がつねに冷えている)
レベル2 内臓冷え(みぞおち周辺が冷めたいと胃の血行が悪い状態)
     冷えのぼせ(手足は冷えているのに顔・頭が熱い。体の芯が冷えることで熱が顔や頭に逃げている)
レベル3 低体温(全身が冷える。平熱35度だと低体温)
     ゴースト血管毛細血管が機能しない)

◎冷えるとおブスになる
 肌荒れ・クマ
 便秘
 むくみ
 口臭・体臭

◎そこで温活
 桐谷美玲➡白湯
 有村架純➡腹巻き

免疫力アップ 風邪をひきにくくなる
基礎代謝アップ 痩せやすい体質に
体温が1度上がると 基礎代謝は12%アップ

◎爪もみ
 できる温活として爪の横をもむ(薬指以外)
 薬指をもむと交換神経が刺激されて逆効果。
 爪の両端を痛くない程度に、一つの指20回

◎カイロ
 貼ると効果的なのは、おなか、けんこう骨、仙骨

食べて温活
 食べ物には陰性と陽性がある。
 陰性 なす、トマト、きゅうり、バナナ
  夏が旬 体を冷やす
 陽性 りんご、カボチャ、にんじん、たまねぎ
  冬が旬 体を温める

などでした。

最後に手足の冷えの血流に効くツボとして、八邪・八風があります。

八邪・八風 手足の甲側の指と指の股にあたる部分を押すと手足の血のめぐりが良くなり全身がポカポカしてきます。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。