朝食を抜くと逆に肥満になるらしい|科学的根拠を名古屋大准教授らが解明

朝食を抜くと逆に肥満になるらしい|科学的根拠を名古屋大准教授らが解明

朝食抜きが太るのは体内時計の乱れ

スポンサーリンク




朝食を抜いている人は案外多いが、朝食を抜くことで肥満になったり、メタボリック症候群、糖尿病になりやすいと言われているが、いままでそのメカニズムは分かっていなかったのだが、名古屋大学 小田裕昭 准教授 らの研究チームが解明し、米科学誌に発表したようだ。

朝食を抜くことで肝臓での脂質代謝や体内時計が乱れ、エネルギーの消費がへるために、太るということのようだ。

小田准教授によると、「朝食は体内時計にとって最も重要な食事朝食をすすめる科学的根拠が示せた」といっている。

チームはラットを使い、朝食を抜いた状態とそうでないグループに分け、実験。

運動量と食べたものは同じだったが朝食抜きのクループのほうは、内臓脂肪が増え、体重も増えた。

朝食抜きだと体温が上がっている時間が短くなり、エネルギーの消費が少なくなったためと思われる。

朝食はしっかり食べ、体内時計を正常に保つことが大事らしい。だけど、適度な量と運動もかかさずに。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。